身体の中で異変が起きようとしている場合、健康を守るために戦ってくれるのが免疫です。

免疫はいわば身体の防御システムで、これがどれだけの働きをしてくれるかによって健康への影響は大きく違ってきます。

免疫力が強ければウイルスや細菌が体内に侵入してきたとしても、負けることなく打ち勝つことができますし、その他の身体の変異についても同じことが言えます。

強い身体、負けない身体を維持するためにはいかに免疫力を高く保てるかかが大切になってくるので、日々をより健康に生き抜くためにもこの点についてはよく心得えておきましょう。

免疫力を高める方法はいくつかありますが、その中でも力を入れていくべきなのが食事療法です。

免疫機能の低下・バランスを崩す原因

食生活 加工食品・インスタント食品などによって、食品添加物を摂取したり、多忙によって、十分な栄養摂取ができず、栄養バランスが偏っていることが問題となっています。

日々の食事で何を食べるか、どのような栄養を摂るかで免疫力は大きく変わってきます。

栄養素の物が与える影響もそうですが、人は食事をすることでリラックスをし、緊張やストレスをほぐすことができます。

ストレスを抱えているとそれだけで免疫力が下がりますし、また健康を害し、がんなどの病気を引き起こす一因ともなるものです。

がん研究振興財団から2011年に発表された「がんを防ぐための新12か条」にも「バランスのとれた食生活を」「塩辛い食品は控えめに」「野菜や果物は不足にならないように」このように12か条中3か条が食事関連です。

食事によって免疫力を高めてさらに病気を誘因する因子を排除することができれば、非常にありがたいことですから、こういった点から踏まえても、食事の観点から免疫力アップを図っていくことはとても重要です。

がんは完全に防ぐことはできませんが、喫煙、食事、ストレス、運動など日常生活を振り返ることで、がんになりにくくする、すなわち予防することができます。

食事は欠かせない生活習慣であり、生きている限り毎日繰り返していくことですので、より良いもの、食べ方にこだわってみてください。

身体を温める食べ物を選ぶ、よく噛むことで副交感神経を優位にして緊張をほぐすなど、毎日の少しの心がけを積み上げていくことで、病気に負けない強い身体を作り上げていくことができます。

【専門家推奨】話題の免疫系サプリに注目!

・世界が注目する実績をもつ米ぬか多糖体サプリ”マイブランズはこちらをクリック

・免疫は腸内環境から!話題の乳酸菌サプリ“乳酸菌革命はこちらをクリック”

免疫力の根本となる「60%~70%」は腸内にある

医者

身体の免疫力の大半は腸に集中していると言われています。

その割合は60~70%とも言われますから、免疫力を高めるためには腸内環境をより良い状態に保っていくことが大切です。

腸内環境の状態は何を食べるか、どのように食べるかなど食事の内容、仕方によって大きな影響を受けます。

ちょっとした心がけ一つで良い状態にも悪い状態にもなりますから、少しでも気を払って良好な状態を保っていかなければなりません。

腸内環境は免疫力の他に肌のコンディションなど身体全体に影響を及ぼしますから、日々を健やかに過ごすためにも充分労わっていけるようにしましょう。

免疫力を高めるための食事療法では、腸内環境を維持するために栄養、食べ方についても工夫をしていきます。

腸内環境は栄養、食べ方で環境を改善できるため、意識して食生活を改めていけばそれだけで身体には良い影響が出てくるでしょう。

腸内環境の改善については難しいことは無く、よく噛む、繊維質や善玉菌を意識して摂るなど、ちょっとした心がけをするだけで効果が現れますから、積極的に実践してみてください。

毎日の積み重ねを怠らなければ、腸内環境は常により良い状態を保ち、免疫力もキープさせることができます。

免疫力アップにおすすめの食事方法

食事中の男性

免疫力を高めるための食事方法においては、まずよく噛んで食べるということが前提として大切になってきます。

噛むことによって消化管の働きを支配する副交感神経を優位にすれば、リラックス効果を得られ、それによって緊張をほぐしストレスも和らげることができるからです。

よく噛んでゆっくり食べることを心がければ、それだけでも身体の免疫力には大きな違いが出てきます。

さらに、免疫力は各種栄養や時間ごとの食べ方によってもアップさせていくことが可能です。

何がどのように作用するのかを知っていれば日々の食事をますます有意義なものにしていけます。

各種栄養が免疫力にどのようなメリットをもたらしてくれるものなのか、以下8つのポイントを必ずチェックしておいてください。

  1. 整腸作用がある食物繊維で腸を活性化
  2. 抗酸化力が高いビタミンやミネラル成分で冷え性改善
  3. 発酵食品で酵素を摂取
  4. 脂質を控えめに免疫細胞の元になるたんぱく質
  5. 白血球を増やす「バナナ」がおすすめ
  6. 抗酸化力を高める第七の栄養素ファイトケミカル
  7. 朝食はがっつり、夕食は控えめ
  8. コエンザイムQ10(Co10)でがんと老化予防

1.整腸作用がある食物繊維を摂り腸を活性化

身体の免疫力の6割以上は腸に集中していますから、免疫力を高めるためには腸内環境をより良い状態に保つことが欠かせません。

この環境を整える栄養は様々なものがありますが、その中でも特に大きな役割を果たしてくれるのが食物繊維です。

腸はストレスや悪玉菌の増殖など、様々な要因から刺激や影響を受けやすく、それによって働きも鈍くなりやすい臓器です。

食物繊維はそんな腸の中で水分を吸収して膨らみ、腸の働きを活性化することによって便通を改善、さらに腸内の善玉菌の餌となり、腸内環境を整えるといった役割を果たしてくれます。

日頃から便秘に悩む人は多いですが、これは大腸がんの原因の一因となるものでもあるため、改善、予防するためにも、腸の働きを活性化、整腸作用をもたらしてくれる食物繊維はとても有意義に役立てていけるでしょう。

食物繊維はレタスやごぼう、きのこ、バナナなどの食材に多く含まれるので、食事においてこういったものを積極的に取り入れていってください。

また食物繊維は粉末タイプのサプリメントも便利なので、食材の調達や好き嫌いで摂取を習慣づけるのが難しいという場合には、サプリメントなどを利用してみるのも良いでしょう。

乳酸菌革命

【乳酸菌革命】サプリ専門家が成分・副作用・口コミを全て徹底評価!

お腹がいつもゴロゴロしたり何日もすっきり出ないというお腹の悩みは腸内環境……続きを読む

2.抗酸化力が高いビタミンやミネラル成分で冷え性も改善

身体の冷えは免疫力を下げてしまいます。

冷えを放置してしまうと身体も様々な不調に見舞われることになりますから、意識して改善に努めていくことが大切ですが、そのために役立つ栄養が、身体を温めてくれる作用を持つビタミンやミネラルです。

ビタミンにはこの他にも抗酸化作用という力があり、がんの原因の1つでもある活性酸素と戦う力を持っています。

意識して摂取することで冷えと共に活性酸素も取り除いてくれますから、年中を通してはもちろん特に冷えに悩まされやすい秋冬は積極的に摂るようにしてください。

ビタミンにはA、B、C、Eと様々なものがありますが、その中でも特にビタミンEには血流をスムーズにする働き、血管を拡張して血液を行き渡らせる働きがあるのでおすすめです。

ビタミン、ミネラルは玄米や野菜、アーモンドをはじめとしたナッツ類に多く含まれていますから、これらの食事を用いた献立を取り入れたり、おやつをナッツにして栄養を摂っていくと良いでしょう。

日々の食事を玄米菜食の健康的なものにしていけば、それだけでも自然と冷えを改善できるので、免疫力を高めるためにぜひ意識してみてください。

3.発酵食品で酵素を摂り入れる

身体の免疫力は代謝と大きく関係しています。代謝が落ちると体温も低くなりますが、体温が1度低くなると身体の免疫力は30%も下がってしまうとも言われているのです。

つまり免疫力を高めるためには代謝を維持、促進することが不可欠となってきますが、代謝は運動の他、食事でも改善することが可能です。

代謝に働きかける栄養としては酵素がよく知られており、意識して摂取していくことで代謝と消化の働きを助けて新陳代謝を活性化、その結果体温も上がり免疫力がアップするといった効果を期待することができます。

酵素は発酵食品に多く含まれていますから、納豆、漬物、ヨーグルトなどの食品を積極的に食事に取り入れていくと良いでしょう。

これらの食品は酵素の他に納豆菌、乳酸菌など腸内環境の改善や整腸作用に働きかけてくれる菌も多く含んでいるので、免疫力にアップにおいてはトータルで良い結果をもたらしてくれます。

また酵素にはがんの一因となる活性酸素を除去する力もあるため、積極的に取り入れることについては様々なメリットがあります。

日々の食事において取り入れやすい食事に含まれている栄養なので、賢く摂取していってください。

4.免疫細胞の元になるたんぱく質を摂る!脂質は控えめに

身体を守る力である免疫の力は、免疫細胞の数によって決まってきます。

免疫細胞が少なければ体内で充分な免疫細胞が作れず次第に免疫力も下がってきてしまいますから、免疫を高める食事においては、この細胞の元となる栄養についてもしっかり摂取していかなければなりません。

免疫細胞の主原料はたんぱく質と言われていますから、免疫力を高める食事を考えていくのであれば、たんぱく質を多く含む肉、魚、たまごなどを積極的に摂っていく必要があると言えるでしょう。

免疫細胞は日々身体を守るために働き消滅していきますから、日々の食事の中で充分な量を摂取し続け切らすことのないよう努めていくことが大切です。

たんぱく質を摂取するのに手っ取り早く利用できるのはやはり肉です。栄養価も高くエネルギーにもなる優れた食材ですが、肉には脂質も多く含まれているので、摂り過ぎには気をつけましょう。

毎日のたんぱく質を肉で摂り続けるとなると、脂質を摂り過ぎ肥満やコレステロール値の上昇などの問題が出てきます。

鶏肉、魚、卵、大豆など脂質の少ない食材を利用することも大切になってくるので、上手く栄養のバランスを考えてください。

5.白血球を増やすならバナナが最高!

白血球は身体に入りこんだ病原体や異物と戦ってくれる、いわば免疫力の柱とも言えるものです。

少なくなってしまえば当然免疫力も下がってしまいますが、この量やバランスはホルモンや自律神経の働きで健全に保たれる他、バナナを役立てていくことも可能です。

白血球にはいくつか種類があり、そのうちの1つである好中球が白血球全体の4~7割を占めていますが、バナナには他の食べ物と比べてこの好中球を増やす高い効果があるのです。

積極的にバナナを食べることで免疫力を高めていくことができますから、ぜひ上手に役立ててみてください。

バナナは毎日飽きずに手軽に食べれる食材です。ただ、その優秀さは670頁に及ぶ膨大なレポート「Food,Nutrition and the Prevention of Cancer:a global perspective」に載るほどです。この資料は1997年7月、世界がん研究財団と米国がん研究財団が作成したレポートでがん予防の新12か条をさらに詳しくした資料です。具体的には1日に600~800gのバナナを食べること。または7皿以上の穀類、豆類、芋類を食べることが重要だと書かれています。

Lifestyle change alone can cancer risk by 60-70%!!!

(生活習慣の変化だけで、がんリスクが60-70%低下する可能性があります。)

バナナを食べると好中球が増えるとなると、その影響によって白血病になってしまうリスクがあるのではと心配になる人もいるかもしれません。

しかし、バナナの白血球への働きは食べるほどに機械的にその量を増やしていくというのでは無く、白血球が少ない時にのみ、その数を増大させるというものです。

異常に増やしてしまうということは無く、都合よくその効果を発揮してくれますから、ぜひ免疫力を高める食事の1つとして、バナナを取り入れてみてください。

皮に黒い斑点があるバナナの方が効果が高いので、良く熟したものを選ぶのがおすすめです。

6.抗酸化力を高める第七の栄養素「ファイトケミカル」を摂る

免疫力を高める栄養の1つとして、ファイトケミカルを積極的に摂取していくこともおすすめです。

ファイトケミカルとはイソチオシアネートとオイゲノールという香気成分のことで、いずれも匂いが強いほどその効果を発揮します。

抗酸化力が強く身体の老化やがんの一因となる活性酸素を除去、細胞組織を守って免疫力を高めるため、強く若々しい身体の維持やがん予防に大きく貢献してくれます。

イソチオシアネートは細胞を破壊することによって生まれる硫黄化合物であり、ワサビ、大根、にんにくなどをすりおろすことで発生し、体内で異常化した細胞の増殖を抑える働きがあります。

そのためこういった食材を食事に取り入れる場合には、潰したりすりおろしたりして摂取すると良いでしょう。

オイゲノールはバナナの香気成分であり、ガン細胞を殺す働きを持つ免疫細胞を増やす効果を持っています。

熟れたものほど匂いも強く、より高い効果が期待できますから、免疫力を高めることを最優先に考えるのであれば、黄色く固いものでは無く、黒い斑点の出た柔らかいものを選ぶのがおすすめです。

匂いを嗅ぐだけでは効果は無いので、匂いを放つ状態のものをきちんと食べて体内に取り入れてください。

7.朝食はがっつり、夕食は控えめにが大切!

免疫力は食べ物から摂る栄養の他、食事の取り方によっても影響を受けます。

免疫力の根幹となる免疫細胞の働きは日内変動型で、昼に活性化、夜は落ち着いた状態を保ちます。

身体というのは食事によってリズムの調整を受ける部分が大きく、朝ごはんをしっかり食べるかどうかで1日のスタートを上手に切れるかが左右されてきます。

朝忙しくてついつい朝食を抜いてしまうという人は意外と多いですが、しっかり取らないと身体は上手く目覚めず、免疫力もまた力を発揮することができません。

日中の免疫力を高めるためにも朝はしっかり食事を摂り、また量も少しがっつりめにしていきましょう。そうすることで胃や腸をはじめとした内臓もしゃきっと目覚め、身体のリズムが整ってきます。

逆に夜は食べ過ぎないように気をつけてください。夕食を食べ過ぎると胃や腸の働きが活発になってしまい、身体が休まらなくなってしまいます。

夜の食べ過ぎは免疫力の低下にも繋がってきますから、夕食は腹八分目を心がけることが大切です。

また食事の内容も少し消化に良いものを意識し、胃や腸に負担をかけないよう心がけていってください。

8.コエンザイムQ10(Co10)でがんと老化予防

美容成分として良く知られるようになったコエンザイムQ10は、強い抗酸化力があり、細胞を老化させてしまう活性酸素による害から身体を守る働きをしてくれます。

活性酸素はがんを招く一因ですから、コエンザイムQ10の量が多いか少ないかで、がんを発症するリスクも違ってくると言えるでしょう。

また免疫力そのものを増強する作用もあり、感染症に対する抵抗力にも大きく関わってきます。

つまりコエンザイムQ10が体内で充分足りていれば、がんの発症や進展を抑制し、さらに抵抗力を強めて延命効果を期待することができるということです。

美容だけでは無く健康やがんによるリスクの軽減、老化予防のためにもなりますから、ぜひ積極的に摂るようにしてください。

がん患者においてはコエンザイムQ10の血中濃度の低下がみられるといった研究結果もあるので、この点からも意識して補充していくことは大切です。

コエンザイムQ10は肉、魚、野菜など様々な食材に含まれていますが、その中でも特にイワシに多く含まれているので、免疫力を高める食事としてイワシを取り入れていくのがおすすめです。

抗酸化物質は癌に逆効果?という新説!どっち?

素材

抗酸化作用のある物質は、これまで癌の一因となる活性酸素を除去する働きがあるとして、癌予防に有効と考えられてきました。

しかし近年マウスを使った実験で、抗酸化作用をもつ物質の細胞を活性化させる力は、癌細胞までも活性化させてしまうという研究結果が発表されました。

これは癌細胞も身体の細胞の一部であるため、抗酸化作用を持つ物質を与えることで、抑制どころか促進させてしまう可能性が高いということです。

これまで抗酸化作用が癌に効果を持つと言われていたのは、癌を誘因する活性酸素を除去する力があるというのが理由でした。

この間接的な効果への期待に対し、新しい研究結果では抗酸化作用が直接癌細胞に働きかけ活性化を促してしまうということですので、これまでの通説については一度考えを改めてみる必要があるとも言えるでしょう。

しかし、すでに癌を患っている人においてはこの研究結果は由々しき問題です。

ですが、今現在癌を発症しているということではなく、少しでも発症リスクを下げていきたいという人にとっては、これまで通り抗酸化作用を持つ物質は有意義に役立てていくことができるでしょう。

抗酸化作用が活性酸素を除去するという事実には変わりありませんから、がんを招く一因を排除するといった予防の意味では、相変わらず問題はないのです。

がんと診断された場合には細胞を活性化させてしまうリスクが高まるため控えていく必要がありますが、それ以前であればこの力を持つ物質を含んだ食材を、免疫力を高める食事として取り入れていっても問題はありません。

ただ、活性酸素は運動をしたりストレスを溜めないなどといった方法で予防していくこともできますから、もし癌細胞を活性化させてしまうリスクを少しでも抑えたいという人の場合は、食事では無くこういった方法で防いでいくことをおすすめします。

免疫力を高めるサプリメントや漢方がおすすめ

漢方

免疫力は様々な栄養の力を借りて高めていくことができますが、効果が期待できるものを食事においてすべて取り入れていくというのはなかなか難しいものです。

食材を調達したり、栄養のバランスを毎日考えるのは容易ではなく、最初のうちは頑張っていたけれど次第に続かなくなってしまった、というようなことも珍しくありません。

免疫力を高めるためにはやはり無理なく習慣づけていくことが大切ですが、そこでおすすめできるのがサプリメントや漢方の活用です。

これらを利用すれば免疫力を高めてくれるとされる栄養を、効率良く手軽に摂り続けることができますから、ぜひ上手に役立ててみてください。

チェックポイント

【2018最新】専門家が選ぶ『免疫力サプリ』おすすめ39種を徹底比較!

病院の薬を使わず、食品で免疫力を高められたらいいですね。毎日の食事に少し……続きを読む

サプリメントや漢方の利点は、多くの栄養を手軽に、充分量摂れるといった点にあります。

免疫力を高めてくれる栄養をすべて補うとなると、食べる量や献立で大変な苦労をすることになりますが、これらを利用すれば1日数粒で事足りてしまいます。

また食材からは充分な量を補うのが難しい栄養についても、サプリメントや漢方なら手軽に摂ることが可能です。

複数の栄養をまとめて摂るといったことも叶いますから、非常に重宝するでしょう。手軽に摂れるからといって複数のサプリを併用してはいけません。

一度に多種類の健康食品を摂取することは、健康被害の可能性を高め、被害の原因究明も困難にします。

薬と違い、複数のサプリメントを同時に飲む場合は成分の相互作用が気になります。サプリメントを飲むなら一つ。これは守りましょう。

サプリメントにはピンからキリまで様々なものがあります。同じビタミン剤でも含まれている種類や量は異なりますし、安価なものから高価なものまで価格はまちまちです。

安いものは効かないということはありませんし、高ければ良いということでもありませんから、自分の身体に効果があるものを見つけるのは簡単なことでは無いと言えます。

また服用している薬などによっては摂ってはいけない栄養などもあるため、こういった点についても注意が必要です。

免疫力を高める目的で利用しはじめたにも関わらず、薬との相性の問題で身体に悪影響を及ぼしてしまうといった可能性も出てきますから、こういったデメリットにも気をつけて利用していかなければなりません。

病気の治療をしている、薬を服用しているといった場合には必ず医師に相談して、利用の可否を確認してください。

またサプリメントや漢方について商品を漁っていくと、必ずいわくありげな怪しい商品に出会うことになります。

なかには「がんに効く!」など直接的な文句で宣伝をしているようなものもありますが、サプリメントや漢方は免疫力を高める効果は持っていても直接がんに効くといったことはありません。

「効果は未確認だが、重大な害の可能性は低いので、患者が使用を希望する場合には、反対しないでその意思を尊重する」ということです。

薬事法の関係であたかも「がんの予防に・・・」といったものもあります。これは明らかに薬事法に違反した表現なので、こういった怪しい品を掴んでしまうことの無いよう気をつけてください。

がんに直接効果のあるサプリメントは存在しません。しかし、薬事法の規約を守り、成分自体に免疫力を高める成分を配合したものはあります。「がんに対する効果≠免疫力を高める」だと事前に把握しておけば、高品質なサプリメントもうまく活用できるでしょう。

あくまでサプリは栄養補助食品!薬ではないことを理解しよう

必要な栄養を効率良く摂ることができるサプリメントは、健康や免疫力への意識が高い人にとって、とても有意義に利用していくことができるものです。

非常に便利なアイテムであることに違いはありませんが、しかしサプリメントはあくまでも栄養補助食品であり、健康を維持するために一定の作用をもたらしてくれるというものです。

必ずしも期待する効果をもたらしてくれるとは限らず、科学的根拠を保証するものではありませんから、この点についてはよく理解をしておきましょう。

薬のように飲めば必ず効くといったわけでは無いので、勘違いの無いよう心得ておくことが大切です。

またサプリメントは栄養補助食品ですから、健康維持の基本となる栄養はきちんと食事で補っていくことが大切です。

主となる食事を疎かにしていたのでは、より良い効果は期待できませんし、飲んでもただ無駄にしてしまうようなものです。

免疫力を高める基本は規則正しい生活習慣とバランスの良い食事ですから、サプリメントを利用する場合は大前提としてこの点をしっかり実行できていなければなりません。

その上でのサポートアイテムとして利用をしていきましょう。

栄養バランスの良い食事を心がける!自信がないならサプリで補助を

人の身体には生まれつき免疫力が備わっており、規則正しい生活を心がけていれば、この力も一定の状態を保つことができます。

しかし不規則な生活習慣や食生活が乱れたりすれば、たちまちその力は衰えてしまうので気をつけなければなりません。

特に強い身体は食事によって作られる部分が大きいので、免疫力を高めるためには栄養バランスのとれた食事を心がけることが欠かせません。

十分な食事摂取は、体の組織の消耗を防ぎ、治療によって障害を受けた細胞の再生を助けます。また、感染症にもかかりにくくします。バランスのとれた食事から、十分な栄養がとれるように心がけましょう。

お腹が満たされれば良い、エネルギーになれば良いなどと栄養バランスを無視した食事を続けていれば、次第に身体の調子は崩れて免疫力も下がってしまいますから、この点についてはよく心得ておきましょう。

肉、魚、野菜をバランス良く摂るようにし、なかなか充分な量を補うことが難しい栄養についてはサプリメントを活用していくようにしましょう。

サプリメントを利用すれば特定の栄養も手軽に効率良く補うことができますし、不足しがちな栄養についてまとめて摂ることも可能です。

完璧な栄養バランスの食事を毎日摂るというのは簡単なことではありませんから、栄養管理に自信が無いという人は積極的にサプリメントを役立てていってください。

マイブランズゴールドプラス

【マイブランズゴールドプラス】専門家が免疫成分と口コミ徹底検証!

東京大学や名古屋大学などをはじめとして、マクマスター大学など世界の28施……続きを読む

まとめ

笑顔の男性と女性食事と免疫力は密接な関係にあり、食事が疎かになってしまえば、直接免疫力に影響を与えることになります。

逆を言えば、栄養や食べ方など食事に充分気をつけていれば、それだけで免疫力をあげていくことができるということでもあります。

男性のがんの約半分、女性のがんの約3割は私たちの努力次第でがんになる確率を低くしていくことが可能です。

普段の生活を少し改善するだけで、がんを予防することも可能です。

免疫力を高めることにおいては、腸内環境の改善や新陳代謝の活性化などが大切になってきますが、これらの問題も摂る栄養によってある程度コントロールすることが可能です。

また新陳代謝を調整する自律神経においても、食事の取り方で左右されるところは大きいですから、朝はしっかり、夜は控えめなど気を配っていくことが必要です。

摂る栄養ばかりでなく、毎回の食事の取り方一つで免疫力の程度は変わってくるということを、きちんと理解しておきましょう。

こういった点にきちんと配慮し正しい食生活を送っていければ、病気などの抵抗力や進行の度合いにも変化が現れてきます。

免疫力を高めることができれば確実に身体への負担は少なくなりますから、病に負けず心身ともに健やかな状態を維持するためにも、食事は栄養から食べ方までより細かく気を配っていくようにしてください。

日々の些細な心がけと積み重ねが、強い身体を作り上げていきます。

野菜の詰め合わせ

がん予防に最適!免疫力アップおすすめ食材16選&食べ方【徹底解説】

人の免疫システムとは、体内に侵入したウイルスや病原菌などの有害なものをやっつけて……続きを読む