将来的には2人に一人ががんになると言われている時代です。もし「がんです」と申告され、治療をしないと言う人はあまりいません。

がんの治療においては、手術代、薬代といったほかにも入院が必要になった時の費用、それにともなって個室などの部屋になった際などの費用、外来の場合は投薬などにかかる費用、場合によっては親族などがお見舞いに来た際の交通費、食事代なども必要となります。

また、健康保険などの公的医療保険を使うものができる治療もあれば、治療の内容によっては全額負担しなくてはいけない場合もあります。

がんの治療費はどれくらいかかるのか、少しでも負担を軽くするために何か利用できる制度はないのかなど、学んでいきましょう。

がんになると治療費が莫大にかかる?

胸を痛がる男性

治療にどのくらい費用がかかるのか不安になるのは当然です。しかしながら、がんの治療にかかる費用というのはがんの種類、度合い、治療の内容によってかなり異なってきます。

治療が長期にわたればわたるほど費用もかさみます。ただ、公的医療保険が適用される医療費については自己負担が定められていますし、1ヶ月にかかる費用の上限も決められています。

ですので、すべてのがん治療において高額な費用がかかるというわけではありませんが、がんと診断された方の半数は収入が減ったという報告もあります。

がん治療は方法によって費用が変わる

上昇するグラフ

実はがんと一口にいっても、治療費は発生した部位や採用した治療方法によってかなり変わってきます。一般的な医療の水準を超える最新の医療技術の中で先進医療があります。保険が適用されてない先進的な治療においては保険診療が適用される部分があっても医療費全額自己負担となってしまいます。

しかしながら、「先進医療である」と認められているものについては、通常の治療と同じ部分である診察や検査、投薬や入院などにおいては保険診療と同様に公的医療保険が適用されてます。

つまり、保険診療と保険外診療の併用ができるようになるため、先進医療でも自己負担をするところとしなくてもいいところが明確になりました。ただ、がんの場合、自由診療と呼ばれる方法の方が効果が出やすかったりするケースも少なくありません。

今注目されている免疫療法は、例に挙げると初診時の料金に7万円、リンパ球療法に21万円とかなり高額になることもあります。また、陽子線治療や重粒子線治療というのは自由診療なので、一回で数百万という治療費がかかってしまいます。どんな治療をするのか、公的医療保険が適用される範囲内で行うのかなどによってかなり異なります。

 

がん治療は保険適用?それとも自己負担?

クレジットカードを差し出す

がんを治療するとなると、治療費がかなりかかるイメージが強い方も多いのではないでしょうか。確かにがんという病気を治すのにはお金もかかりますし時間もかかります。ただ、保険が適用される部分もあれば、自己負担となる部分もあり、一概にがんの治療に伴う費用が高額になるというわけではありません。

もっと極端なことを言えば、効果という面ではなく費用という面に重点を置いて考えれば保険適用範囲内での治療を行っていくことは十分にできます。

ただ、自己負担の治療というのは費用が高額になるというデメリットはあるものの、効果が期待できる治療も多いため、自己負担で行う治療も視野に入れながらどういった治療を行っていくのかが大切です。

健康保険適用での治療と仕組み

開いた本

がんに限らず、治療においては健康保険適用となる治療もありますので、すべてが自己負担となるわけではありません。

健康保険を使っての治療は、手術や入院、通院なども含め一ヶ月の自己負担額が一定の範囲を超えないよう高額療養費制度が設けられています。

医療費の負担の上限が定められていて、自営業の国民健康保険や会社員の健康保険でも利用することが可能です。がんもそのほかの病気と一緒で、病院の窓口で健康保険証を提示することで3割、もしくは1割や2割負担となります。

高額療養費制度は健康保険の対象となる治療のみ

高額療養費制度の対象となるのは、健康保険の対象となる治療のみですが、当然のことながら健康保険が適用できないものについては全額自己負担となります。

がんの治療では、手術代、薬代といった治療費のほか、入院中の食事、個室など有料の部屋を希望した場合にかかる差額ベッド代など、治療に伴う間接的な費用も必要になります。また外来では再診料や投薬注射料などを、通院のたびに支払うことになります。

先進医療にかかる技術料や差額ベッド代、また食事代や交通費、食費、さらに入院生活に必要な消耗品、そしてお見舞いや快気祝い、事業などをされている場合その補てんにかかる費用は健康保険ではみることができません。

がんの治療は高額になると言われているため、健康保険が使えても負担が大きくなることもあれば、健康保険が適用され高額療養費制度が使えれば一ヶ月の医療費というのは上限が決められているので、ある程度がんの治療にかかる費用というのが把握できるようになります。

保険適用外の治療と特徴

薬

日本においては、最新の治療や新しい薬、医療機器などを使った治療については、公的な医療保険適用外となります。

しかしながら、厚生労働省が先進医療であると認めている治療の場合においては、保険の適用外の部分と保険診療が適用になる部分の併用が認められているため、厚生労働省が認めている先進医療でがんを治療する場合、保険適用の部分については保険が適用されます。

保険適用外となるのは治療のみならず、差額ベッド代、食事代、入院するに伴ってかかる雑費も含まれます。

保険適用外の治療とは?

保険適用外の治療は、日本では認められていない抗がん剤を使った治療、厚生労働省が先進医療であると認めていない治療、免疫療法、陽子線治療、重粒子線治療、直接がんの治療に該当しない人間ドックなどの費用などがあります。

保険が適用されない治療というのは副作用が少なくピンポイントでがんを攻撃できる代わりに、費用が高いという点が特徴としてあげられます。

また、自由診療となるので費用がかかっても治療をしたいと自身が希望すれば治療をすることはもちろんできます。費用の問題さえクリアできてしまえば、保険適用外の治療を行うことができるので、がんという病気と十分に戦っていくことが出来るかもしれません。

混合診療について

診断

がんの治療においては、保険診療が適用される部分と自由診療が適用される部分、両方を合わせた治療が行える「混合診療」があります。

ただ、混合診療がなんでも適用されるかといえばそうではなく、先進医療として厚生労働省が認めている治療に限ります。

先進医療(高度医療を含む)、保険適用外の医療機器の使用、保険適用外の医薬品の使用、薬事法に承認されているものの、医療機器及び医薬品の使用、医療機器もしくは医薬品の治験にかかる費用については混合治療が認められています。

また、差額ベッド代、予約診療や時間外診療、180日以上の入院などの被保険者が選べる選定療養においても混合診療が認められています。

すべてが自己負担になる?

これらの診療を併用しての治療においては公的医療保険が適用されるので、すべてが自己負担になるというわけではありません。

自己負担となってしまう治療というのは、百万単位で費用がかかってしまうことも少なくありません。近年注目されている陽子線や重粒子線治療、免疫治療は効果が期待できるものの、すべて自己負担となるため公的医療保険が適用されませんが、混合診療の中で治療が思うように受けられれば自己負担を減らしながらがんの治療を行うことができます。

がん治療の費用の目安

グラフと医者

一般的にがんの手術や入院費などにおいては保険が適用されます。ですので負担するのは3割となりますが、なんのがんを患ってしまったのかによって治療にかかる費用というのはかなり異なります。

たとえば日本人に多い肺がん、治療費は3割負担で約60万かかりますが、高額療養費制度が適用されるので、収入や年齢によるものの自己負担する治療費は多くの人が約5万円超から26万円の間が目安となります。

がんを治療するのは高額になると言われていますが、確かに毎月、高額療養費制度が適用される治療だったとしても月々5万円超の出費が痛くないわけではありません。

一般的ながん治療における費用がどのくらいかかるものなのか目安だけでも知っておくということはとても大切です。

手術の費用

グラフ

がんと一口にいっても、どのがんなのか部位によっても費用はかなり異なります。たとえば、肝細胞がんの場合、主な手術として血管塞栓術を行いますが平均して入院日数は10日、医療費が3割負担でも20万円ほどかかります。

後日、高額療養費制度を利用することで自己負担は84,100円となりますが、最初にすべて自分で支払ってから後に申請し戻ってくるという形になります。(健康保険組合に『限度額適用認定証』の交付申請をしてあれば別となります)

大腸がんの場合、腹腔鏡下結腸切除術が行われますが、入院日数は20日前後、かかる費用は56万円程度と言われています。高額療養費制度を使って一定の収入があるご家庭では9万円ちょっとかかります。

胃がんの場合、腹腔鏡下胃全摘術、胃全摘術などが行われますが、入院日数は平均して20日前後、かかる費用は50万円から60万円弱となります。

乳がんの場合、乳腺悪性腫瘍切除が行われますが、入院日数は15日前後、かかる費用は25万円ほどになります。

一般的に高額療養費制度が適用となる手術となりますので、あらかじめ定められた金額以上かかる手術においては自己負担額は少なくはなるものの、それでも一時的にでも10万円程度は持ち出さなくてはいけない治療費がかかる可能性もあります。

がんの治療における手術においては、ほとんどが保険適用となりますので自己負担額は3割で済みます。

抗がん剤治療にかかる費用

薬

抗がん剤治療の治療費というのは、抗がん剤の種類や投薬する量によって決まってきます。投薬する量というのは、がんを患っている患者さんの身長や体重などから計算した体表面積で決まります。

ただ、抗がん剤治療というのはトータルで高額になりがちです。医療費の目安としては高額療養費制度を利用することができるのでひと月あたりの負担額は一定額に抑えられるものの、治療が長きにわたることも少なくないため、高額療養費制度が使えてもトータルではかなり負担になってしまうからです。

日本人に多い肺がんですが、効果が高いと言われているオプジーボという抗がん剤は高額療養費制度が利用できる抗がん剤となったため、適用外のころのような300万円以上もかかっていた治療費が月額25万円ほどになります。

薬

本当に効果はある?安全?化学療法「抗がん剤」の効果と副作用

抗がん剤の目的とはがん細胞を縮小させたり、増殖を防いだり、成長を遅らせたりする事……続きを読む

高額療養費制度が利用できる抗がん剤はいくらかかる?

しかしながら、高額療養費制度が適用になった抗がん剤治療とはいっても平均して20万円が月々かかると言われており、それもずっと投与しつづけなくてはならない薬もあります。となれば生活が圧迫されてしまう可能性も否定できません。

ちなみに万が一が起こってもいいよう、多くの方は医療保険、生命保険に加入されていますが、がんになり実際に保険適用外の治療を受けるとなった際、改めて民間の生命保険の重要性を知ることができたという方は多いです。

放射線治療にかかる費用

画面を見る医師

がんの治療においては放射線療法を取り入れることも少なくありません。一般的に放射線療法というのは保険適用となりますし、高額療養費制度が利用できますので莫大な費用が発生するということは少ないかもしれません。

ただ、自身の病状や治療法によってかかってくる費用は異なりますので一概には言えませんが、乳がんの場合温存手術を行った後の通常の照射であれば25~30万円ほど保険適用でも治療費がかかります。

前立腺がんに対する強度偏重放射線治療は約49万円となっています。

また、近年は粒子線治療なども注目されていますが、中でも重粒子線治療は保険適用外となり費用は平均して310万円程度、陽子線治療においては約280万円程度かかります。

何度治療しても料金は同じ

ドクター

重粒子線治療、陽子線治療においては何度治療しても一律同じ料金がかかりますので、一回あたり何百万円とかかります。

医療保険適用ではないということは、高額療養費制度の対象にもなりませんので、すべて自己負担となります。しかしながら医療控除の面においては対象となりますので確定申告の際に申請すれば一部還付を受けることはできます。

放射線治療においては、保険が適用されても高額にならないわけではありませんので、事前に医師としっかりと相談をしていくことが大切です。

免疫療法にかかる費用

治療

がん細胞は免疫が正常に機能していれば異物と識別されるので排除されるのですが、免疫が弱っている状態だったりがん細胞が免疫よりも強くなってしまうと免疫の力を持ってもがん細胞を排除することができなくなってしまいます。

そこに注目し免疫を強化しがん細胞を排除するのが免疫療法なのですが、まだ研究段階であり有効性が認められていないため、ほとんどが自己負担となります。

研究された中でがん細胞が免疫にブレーキをかける仕組みで働いてくれる阻害剤など一部を除いて、治療効果が認められるがんの種類もまだまだ少ないのが現状です。

リンパ球による免疫療法の費用

検査中の女性の医者

リンパ球を培養し治療を行っていく免疫療法においては、1回当たり20万円ほどが治療にかかります。しかしながら、この治療が一回で終わるということはなく、繰り返し効果がみられるまで続けられていくので10回も治療を受ければ200万円の自己負担となります。

自分の力でがんと闘っていくことになるため副作用が少なく、生活に支障をきたすことが少ないというメリットがある反面、費用が高額になること、どのくらい治療をしたらひとまずがん細胞がなくなるのかがわからないことから、莫大な費用が掛かってしまう可能性も少なくありません。

保険適用でも莫大な医療費を請求される?

医者と患者

がんと聞いて、どのくらいの治療費がかかるのかある程度想像がつく…という方は少ないのではないでしょうか。

昔からがんは不治の病、治療費が莫大にかかる病気などと言われてきていますから、がん=お金をかけて治療をしなくてはいけないというイメージを持っている方も多いと思います。

確かに、がんの種類、どこにできたのか、度合いなどによって治療にかかる費用は変わってきますが、どんな治療を行っていくのかによって同じ部位、同じ状態のがんだったとしてもかかってくる費用はかなり異なってくるのが現状にあります。

保険適用でも莫大な治療費がかかってしまうかどうかは、その人のお金の価値観だったり生活水準によって異なるのが実情です。

高額療養費制度

不眠で悩む女性

何度か登場していますが医療費が一定の額を超えると「高額療養費制度」を利用することができます。これは家計の負担を軽減するために一定の金額を超えた分について払い戻してもらう制度です。

高額療養費制度は、同じ月(1日からその月の末日まで)の間にかかった医療費について、自己負担する金額が高額になった際に申請することで、一定の額以上の治療費を払い戻してもらうことができます。

自己負担限度額はどれくらい?

自己負担限度額というのは年齢や所得の状況に応じて異なり、一概には言えませんが、低所得者である被保険者が市区町村民税の非課税対象者であれば自己負担額は35,400円が3ヶ月目まで、4ヶ月目からは24,600円が自己負担限度額となります。

所得が27万円から51万円の場合、自己負担は3ヶ月目までは80,100円となりますが、4ヶ月目からは44,400円となります。4ヶ月目からは高額療養費制度を利用するとかなり抑えられますが、それでも4万円を超える額が毎月かかってきます。

毎月がんの治療に4万円を超える額がかかってくるとなると、生活を圧迫しないとは言えない部分もあります。ただ、組合等がある企業においては、自己負担額がさらに軽減されることもありますのでご確認ください。

がん宣告後に高額療養費を申請するのがベスト

先生

高額療養費制度の利用の申告期限は治療を受けた翌月の1日から2年以内となっています。つまり2年以上経過したものについては時効となってしまうため高額な治療費がかかっていたとしても申請することはできません。

がんというのは高額な医療費がかかる病気の一つですので、がんと宣告されたら高額療養費制度を申請しておくことをおすすめします。

もちろん治療をしてから2年以内であれば申請対象にはなりますが、いったんは自身で全額支払い、2、3ヶ月後に払い戻されることになるので、時差があります。(『限度額適用認定証』の交付申請してある場合は別)

この間、治療にお金がかからないというわけではありません。ですので、がんと宣告されたら治療費がいくらくらいかかるのかわからなくても高額療養費制度を申請しておくことをおすすめします。

高額療養費制度の手続き

アイパッド

高額療養制度を利用する場合、事前に手続きを行う「限定額適用認定証」を利用しましょう。これは、高額療養費の支給を申請する一般的な方法に比べると、自己負担が始めから少なくなるというメリットがあります。

たとえば、事後に高額療養費制度の手続きを行う場合、一時的に医療費の3割を支払っておいてから後日払い戻してもらうことができますが、限定額適用認定証を利用することで自己負担額が収入にも寄りますが約9万円ほどですむようになります。

以後に払い戻されるか、その時に費用を負担額を減らすかの違いだけであって自身が医療機関に支払う額は変わりありません。

限度額適用認定証の発行申請

限度額適用認定証の発行申請は外来や入院問わず事前に行えます。自身が加入している保険者、たとえば建国保険組合、協会けんぽ、共済組合、健康保険などに申請すれば交付してもらうことができます。

医療機関を受診する際に窓口に提示すると支払額が自己限度額を超えることがなく、高額療養費を一時的に建て替えなくてはいけない事後申請よりも金銭面で楽になるというメリットがあります。

自己負担額が超えるかどうか不明な際も限度額適用認定証の申請は可能ですので、事前に行っておきましょう。

医療費以外にも費用がかかるがん治療

診断

実はがんというのは治療費以外にも費用がかかるということをご存知でしょうか。

たとえば、抗がん剤や放射線治療を行ったことで脱毛してしまった際のかつらやウィッグの使用、乳がんで切除した際の再建術費用、また家族が看病などに当たる場合、その交通費や場合によっては食事を購入するなどの費用も医療費以外にかかる費用の一つとなります。

また、手術の治療費、抗がん剤の治療費、放射線の治療費、検査料や入院費、それに伴う差額ベッド代、食事代、タオルやパジャマなどのレンタル費用代などもがんの治療に伴ってかかってくる費用となっています。

もちろん健康保険が適用される部分もあれば、自己負担となる部分もあるため一概には言えませんが、これらの費用も意外に高額になることも少なくありません。

通院や入院が長期化すると費用がかかる

勉強中

近年は医学が進歩したことにより、がんがステージⅠやステージⅡといった軽い状態で見つかることも増えてきました。ですので、不治の病と言われていたがんを克服される方もたくさんいますが、その分、通院や入院などが長期化することも少なくありません。

入院や通院が長期化するということはその分治療をする費用、それに伴う費用もかかってくるということになります。通院をするにあたり、仕事を半日ないし一日休まなくてはいけません。有給が使えるうちはいいですが、有休が使えず仕事を休むことになってしまうケースもあります。こうなると、給料は働かない分減ってしまいます。

でもがんを治療するためには通院もしなくてはいけません。場合によっては薬を継続的に飲まないといけないわけです。がんは短期で完治するものではなく長きにわたって付き合っていかなくてはいけない病であることから、治療が長期化すればするほど費用がかかってくるというのは言うまでもないのです。

高額療養費制度が使えたとしても、毎月何万というお金が出ていくことが何年も何十年も続いたらどうでしょうか。家計を圧迫しないと言い切ることはできないのではないでしょうか。

治療と休職による収入減が大きい

腹痛

がんを患って治療をされている方の56%は、収入が減ったと言います。なぜなのでしょうか。それは、治療のために仕事を休んだりしなくてはいけないからです。治療をするにあたっては通院の場合、1日休まないといけないこともあります。場所によっては何日か泊りがけで行かなくてはいけないこともあるかもしれません。

また、治療の方法によっては入院を余儀なくされるかもしれないわけです。となれば、仕事ができないわけですから、当然のことながら収入は健康で働くことができていた時に比べると減ります。会社によってはがんの治療でお金がかかるにも関わらず、辞職するように促す場合も実際にはまだあると言われています。

治療のために、元気になるために休職をしているのに、がんの治療のために必要なお金がその分少なくなってしまうわけですから、自分が思っている治療を受けられずにいると言う方も実際にはたくさんいるのです。

治療にもお金がかかる、治療をするためにお金を得なくてはいけないのに治療をするために仕事を休まなくてはいけない…。治療費のことを気にせず自分が希望するがん治療を行っていくことができる環境にあるということが何よりも大切です。

よく耳にする「5年生存率」

レントゲン写真

一般的にがんを患い治療を行ってから5年生きていればひとまず安心と言われています。そのため5年生存率も注目されているわけですが、5年生存率は確かにがんを患い治療するにあたって、目安とはなるものの、がんというのは手術をしたりするだけで終わるというわけではありません。もちろん、抗がん剤や放射線治療を行ったら終わりと言うわけでもありません。

上昇するグラフ

がんの『ステージ』とは?症状と生存率・再発・余命【徹底解説】

がんのステージとは、がんがどの程度進行しているかを知るための指標のことです。病期……続きを読む

5年生存率というのはがんと診断された場合に、治療でどのくらい命を救うことができるのかを表す指標です。診断された方が5年後に生きている人の割合ががんではなく、人と比べて5年後に生きている割合はどのくらいなのかを表している物です。

100%近い生存率が治療を行うことで得られるがんもあれば、治療をしても5年後に生きている確率が少ないがんも残念ながらあります。

すべてのがんをあわせ5年生存率は男女関係なく約62%ほどとなっています。近年は10年生存率も指標の一つとなってきていますが、5年生存率にしても10年生存率にしても、がんという病気はずっと付き合い続けていかなくてはいけない病であるということを忘れてはいけません。

まとめ

MRI

がんと宣告されて「そうですか」と平気な顔で答えられる人はまずいません。がんは治る病気となりつつあってもやはり「死」の一文字がどうしても脳裏をよぎってしまうからです。

がんと宣告されたらまず何をするのか、健康なうちはなかなか考えられないことでもあります。もちろんがんに限らず「○○になったら」「もしこうなったら」などと考えて行動している方は少ないのが現状です。

ただ、2人に1人ががんになると言われている今、いつ誰が健康診断でがんが見つかってもおかしくはない時代なのです。がんの治療には計り知れないほどの不安、時間がかかります。仕事や家庭に影響を与えてしまいます。多くの人が治療して克服しようとしています。

まずがんと宣告されたら、情報を集めること、治療法にはどんなものがあるのか自分でも調べたり医師に聞いてみること、セカンドオピニオンを利用すること、治療にあたっての費用、そして自分ががんであるということをしっかりと受け入れ、前向きに治療を行っていくということが大切です。

もちろん書いている通りにうまくいくわけではないかもしれませんが、近年はがん患者を支える団体、支援センター、相談窓口、がん専門の医療機関なども増えています。自分や家族だけで抱え込ます、ぜひ利用していきましょう。