癌は現在の日本における死亡原因のワーストワンを記録し続けていますが、この癌による死亡率について考えるためには、医学分野の中でも特に癌に関して頻繁に用いられる「5年生存率」を考慮に入れなければなりません。

癌は、治療により体から全て消えたように見えても、目に見えない場所に残っていたり転移していたりすると、そこから再び姿を現します。

これを「再発」と言いますが、治療後5年以内にこの再発が起こり結局死亡してしまう場合が少なくないため、「5年生存率」が重視されるのです。

5年生存率とは?

診断

特に癌の場合、前述の通り治療後に再発し死亡するケースも珍しくないため、診断後一定期間生存している確率を計り治療の効果性を判定する「生存率」という値が頻繁に用いられます。

この「一定期間」は1年~10年まで目的に応じてその長さが異なりますが、癌に関しては特に部位別生存率を比較する指標として5年が使用されています。

生存率は主に%で表記され、癌と診断されてから5年後に生存している人の割合が日本人全体(同性別・同年代)が生存している割合と比べてどれ程低いかを表しています。

ですから100%に近ければ近いほど治療により命を救える可能性の高い癌、0%に近ければ近いほど治療をしても死亡する可能性の高い癌、ということになります。

癌の5年生存率は病期(癌がどれ程進行しているか)は勿論、性別や年齢、部位によっても異なります。

男性の場合で5年生存率が高いのは前立腺がん、皮膚がん、甲状腺がんなどで、女性の場合であれば甲状腺がん、皮膚がんに加えて乳がん、子宮体がんなどが挙げられています。

現在、厚生労働省により病院ごとにがん治療成績を公開することが推奨されており、この治療成績の表し方も「5年生存率」が採用されています。

がんの再発とは?

レントゲン写真

癌細胞の分裂・増殖能力は非常に強く、治療により癌病巣を全て取り除いたように見えても視認できないような小さながんが残っていてまた現れたり、縮小し消えたように見えた癌細胞が再び大きくなったりします。

これを癌の「再発」と言います。癌は早期発見が難しいものが多く、発見されたころには既に転移がある場合が少なくありません。

「転移」とは癌が最初に発生した部分から癌細胞が血液やリンパ液に入り込んでその流れに乗り別の器官へ移動することで、たどり着いたその器官で更に増殖し始めます。

この転移も目に見えない「微少転移」だと治療し終えたと思っても時間と共に大きくなっていって再び癌として姿を現します。このような転移によるものも「再発」とみなされます。

最初に癌細胞が発生した部位は「原発巣」と言い、この発生部位により「肺がん」や「大腸がん」などと呼び分けられます。

例えば大腸がんが肺に転移したのであれば、それは「大腸がんの肺転移」であり、肺を原発巣とする肺がんとは性質が異なります。

肺に存在しているものの大腸癌細胞ですから、大腸がんに対する抗がん剤でなければ治療効果がないのです。つまり原発巣がどこかが治療において重要なポイントになるのです。

がんは5年以内に再発しなければ完治

老夫婦と孫

癌において5年生存率が重視されるのは、基本的に診断後治療を経て5年以内に再発しなければ癌が「完治した」と見なされるからです。

他の病気と違い、癌は治療が完了した時点で「完治」とはみなされません。というのも既に述べた通り癌は見えない場所やサイズで体内に潜んでいる場合があり、再び姿を現す可能性があるからです。

従って治療により癌の症状が良くなった時点では「寛解」と呼ばれます。

「寛解」とは病状が落ち着き臨床的に問題ない程度にまで治ったことを意味しており、再発の可能性は否めないことを表しています。

治療から5年以内に癌が再発しなければ、この時点で「寛解」ではなく「完治」とみなされます。しかし実際には癌が完全に治ったというわけではなく、7年後、10年後に再発する可能性もゼロではありません。

ただ5年以内である「寛解」の段階よりはリスクが低くなったと考えられます。

また血液の癌やリンパ節に転移している癌などは基本的に「完治」は存在せず、「寛解」が最も良い状態となります。

5年生存率は過去の患者の集計結果

上昇するグラフ

厚生労働省は癌治療を扱う医療機関に対し、その治療成績の指標となる「5年生存率」を公開することを推奨しています。

「5年生存率」はその病院における過去のがん患者の集計結果から算出されますが、その計算方法や集計対象の定義などに関して今のところ統一規格が存在しないため、各病院が公開する「5年生存率」が現実とは異なっている場合もあり、数値だけを比較するのは危険だという指摘もあります。

多くの病院で採用されている5年生存率の算出方法は「相対生存率」と呼ばれるもので、対象者と同じ属性(年齢や性別など)を持つ一般集団と比較することで癌に特化した生存率を調べる方法です。

というのも、同じがん患者でも高齢であればあるほど癌以外の原因で5年以内に死亡する確率が高くなってしまうからです。

例えばある癌と診断された10人中、5年後にも生存していた人が5人であれば、5年生存率は50%になります。

しかしこれには高齢者の人も含まれているため、癌に特化した生存率を知る為に同じ年齢・性別の日本人が5年生存する割合を考慮に入れます。

もしこれが90%であれば「0.5(50%)÷0.9(90%)=0.55」となり、相対生存率は55%ということになります。

5年生存率30%はどう捉える?

老夫婦

もし自分が癌と診断されその5年生存率が30%であると言われたなら、どう捉えるべきなのでしょうか。

まず「5年生存率30%」とは、同じ癌と診断された人100人中5年後も生き続けている人は30%、残りの70%は5年以内に亡くなっているという意味です。

しかしこの生存率の算出方法が実測生存率、つまりその死因に関係なく単純に5年後の生死のみを確認する方法であれば、実際には癌以外の理由で亡くなる人も多いため結果的に生存率は低くなってしまいます。

従って、癌についてのみ考えれば実は生存率はもっと高い可能性もあるのです。

このような誤差を考え、癌に特化して生存率を算出できるようにしたのが「相対生存率」で、多くの病院ではこれを採用しています。

しかし実際には生存率算出のための集計対象の定義やその精度などに関して特に規格となるものは制定されていないため、各病院が独自の判断で「生存率」を算出し提示しています。つまりその数値にはかなりの幅があると考えておいた方が良いのです。

更に、例え本当に「生存率30%」であるとしても、「自分はその3割の人の中に入れる」とポジティブに捉えるかどうかで、今後の闘病生活も大きく変わってくるでしょう。

2017年時点で5年生存率の平均は69%

パソコンをする医者

2017年に18種類のがん患者全体の5年生存率の平均値が、国立がん研究センター「最新がん統計」より発表されました。

調査対象となったのは、2006年~2008年に癌と診断された人で、その5年後の2011年~2013年まで生存している患者がどのくらいの割合存在するかを調べたもの。

この統計によると、5年生存率は69.4%。統計を取り始めた1997年の時点では62.0%でしたから、過去10年間の間に約7%上昇していることになります。

なぜ5年生存率は上昇したのか

このようながん患者の生存率の向上は、定期検診などによる早期発見、先進医療も含めた化学療法や放射線治療、ホルモン療法などの医療の進歩によるものと考えられます。

過去10年間を振り返っても毎年生存率が上がっていることから、この先も医療の進歩と早期発見への取り組みにより更に改善されていくものと期待されています。

主要五大がんの生存率からわかる早期発見の重要性

癌の中でも死亡者数の多い癌が以下の5つと言われており、これを「主要五大がん」と呼びます。

  1. 肺がん
  2. 大腸がん
  3. 乳がん
  4. 胃がん
  5. 子宮がん

しかし、いずれの癌であってもステージⅠの段階で発見された場合の5年生存率は90%以上。例えば胃がんなら98.1%、大腸がんなら98.9%、乳がんに至っては100%とされています。

しかしステージⅣの段階で発見された場合は大腸がんで19.6%、乳がんや胃がんでも7.3%と大きく低下します。この統計結果からも、早期発見がいかに重要であるかが分かります。

上昇するグラフ

がんの『ステージ』とは?症状と生存率・再発・余命【徹底解説】

がんのステージとは、がんがどの程度進行しているかを知るための指標のことです。病期……続きを読む

がんは「闘病意欲」と「生活習慣の改善」で決まる

ドクター

癌と告知された患者なら誰しも強いショックを受け、自分はどのくらい生きられるのか、また今後の闘病生活を考えてうつ病まで患ってしまう人もいるほどで、体だけでなく精神までもむしばむ病気と言われています。

このため院内には癌患者を精神面でサポートする「精神腫瘍科」や「緩和ケアチーム」が設置されており、メンタルケアにより闘病生活を支援するシステムが整っているのです。

実際、人の体とは不思議なもので、癌を含め闘病意欲の高い人、積極的な気持ちを維持している人ほど同じ治療をしてもその効果が高くなることが分かっています。

そのため、癌との闘いにおいては精神的なサポートも十分利用し、ポジティブで強い闘病意欲を持つことが勧められているのです。

また闘病生活においては生活習慣の改善も欠かせません。

勿論発生してしまった癌細胞を生活習慣の改善によって消すことはできませんが、癌を進行させない・転移させない、また再発させないためには癌以外の部分をできる限り健康に保つ必要があるからです。従って、医師から受ける生活指導をよく聞き従うことも大切なのです。

がんの原因は生活習慣

不眠で悩む女性

糖尿病や心筋梗塞などと同様、癌も生活習慣病の1つと見なされているのは、多くの場合生活習慣を改善することで発症を予防することが可能な病気だからです。

ハーバード大学のがん予防センターの発表によると、アメリカ内だけでも癌により死亡した人のがん発症要因は喫煙や食習慣の悪さ、運動不足、飲酒で、これら生活習慣によるものだけで全体の70%近くを占めていることが分かっています。

米国で1996年に発表されたがんの原因の割合です。「たばこ」30%、「食事」30%、「運動不足」5%、「職業」5%、「遺伝」5%、「ウイルス・細菌」5%、「その他」20%でした。

特にタバコはその中でもワーストワンを占める悪習慣で、特に肺がんや口腔がん、咽頭がん、食道がんなどのリスクが著しく上昇するとされていますが、それ以外のあらゆる部位の癌のリスクをも確実に高めると認められているのです。

野菜中心のバランスの良い食事療法

野菜いろいろ

まず癌リスクを高めてしまう食品としては以下のものが挙げられています。

  • 食塩(胃がん)
  • 赤肉・加工肉(大腸がん)
  • アルコール(肝臓がん・大腸がん・食道がん・乳がん)

一方癌のリスクを下げる栄養素としては以下が挙げられています。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カロチン
  • ポリフェノール
  • 食物繊維

これらの栄養素を含む食品の代表的なものが、緑黄色野菜。厚生労働省も1日350gの野菜を摂取するよう勧めており、野菜中心の栄養バランスのとれた食事が癌予防や治療に欠かせないのです。

野菜の詰め合わせ

がん予防に最適!免疫力アップおすすめ食材16選&食べ方【徹底解説】

人の免疫システムとは、体内に侵入したウイルスや病原菌などの有害なものをやっつけて……続きを読む

酵素を摂る

サラダ

酵素は体内で消化活動や代謝活動を行う為に不可欠な物質で、癌患者は外科手術や抗がん剤、放射線治療の影響により健康な人と比べてこれら代謝酵素や消化酵素が著しく減少してしまいます。

酵素不足になると栄養不足となり免疫機能も低下するため体は癌と闘うことができなくなってしまいます。

従って、酵素を多く含んだ発酵食品生野菜果物などを積極的に摂ることが推奨されているのですが、酵素は熱に弱いため野菜を摂る際には加熱せず生のまま、多く摂る為には低速ジューサーなどでジュースにして飲むのが良いとされています。

ヨーグルトや乳酸菌で腸内環境を整える

ヨーグルト

本来癌細胞は体にとって異物ですから、免疫機能が正常に働いていれば癌細胞が増殖する前に免疫力によって排除されます。従って癌細胞に抵抗するためには免疫力アップが欠かせません。

体の免疫機能の殆どは腸内に存在するため、腸内環境を整えることが癌を含め様々な疾患の予防・治療に繋がると考えられているのです。

腸内環境を整えるためには、腸内の善玉菌を優勢にしてくれる乳酸菌やオリゴ糖を積極的に摂ることが有効です。乳酸菌を多く含むヨーグルトにオリゴ糖を加えて食べれば効率的に腸内環境を整えることができます。

睡眠を十分にとる

眠る女性

前述の通り癌に抵抗するためには免疫力を上げる必要があるのですが、そのために欠かせないのが睡眠です。

人は活動時には交感神経が優位になり、リラックスしている時には副交感神経が優位になります。

睡眠時は副交感神経が最大限に優位になっている状態で、この時NK細胞やヘルパーT細胞などの免疫細胞が活発になるため、癌細胞を発見し攻撃する力が強くなるのです。

逆に睡眠不足により交感神経が常に優位になっていると、その緊張状態から活性酸素が多く発生してしまい、これも癌細胞を作る要因となってしまいます。

従って睡眠は癌予防や治療に欠かせないものなのですが、毎日何時間睡眠を摂れば良いかは人によって異なります。

大切なのは質の良い睡眠を摂ることで、目覚めがスッキリしていればそれがその人に取って適切な睡眠ということになります。

適度な運動をする

ジョギング

身体活動が癌のリスクを下げることも認められており、厚生労働省によれば18~64才の身体活動基準としてウォーキングあるいはそれと同等以上の運動を毎日1時間行うことが勧められています。

この指標となるのは運動強度が3メッツ以上の活動を1週間に23メッツ/時間行うと良いという研究結果で、例えば1メッツ/時間の運動とはウォーキングで20分、ジョギングやエアロビクスであれば10分間。

それでウォーキングであれば1週間に460分・1日当たり約1時間、ジョギングであれば1週間に230分・1日あたりで約30時間を目標にすると良いということになるわけです。
ウォーキング

おすすめだけど知ってほしい!免疫力を高める『4つの運動』と注意点

運動をする事で得られるメリットはいくつかあり、そのひとつが免疫力の向上です。まず……続きを読む

ストレスを減らし笑う

笑った親子

ある調査によると、癌の再発もなく長く元気に過ごしている患者に共通するのは、ポジティブで生きがいを持っておりストレス解消が上手であるということだそうです。

逆にこれまで再発もなく順調に過ごしてきた患者が、大きなストレスを抱えたとたん再発し死亡したという事例も珍しくありません。

このようにストレスは活性酸素を増加させ免疫力を低下させるため癌予防や治療には非常に悪いものであり、ストレスを溜めこまないよう上手く発散させることが大切と言われています。

特に笑いと免疫力の関係は研究結果により明らかになっており、4ヶ月落語や漫才で定期的に笑っていたがん患者の免疫細胞が活性化したとの報告があるほど。

ストレス発散に笑いを取り入れると癌予防や治療に高い効果を発揮するようです。

体温を上げる

公園でジョギング

癌細胞は体温が35℃位の低体温の時に最も活発化し、39.3℃以上になると死滅するという性質があります。また人の体温が36.5~37℃の時に免疫力が最も活性化し、これを1℃下回れば免疫力は約30%弱まるとされています。

つまり体が冷えていれば癌細胞に負けやすい体に、逆に体温が高いと癌細胞に打ち勝つ強い体になるというわけです。

体温を上げる効果的な方法の1つは、筋肉を動かして鍛え、熱を作らせることです。男性と比べて女性に冷え性が多いのも筋肉量が少ないためと言われています。

また筋トレでなくても汗ばむような運動をすれば体温は上がり、癌予防に繋がります。更に入浴や生姜など体を温める食品なども効果的とされています。

免疫力を高めるサプリメントを摂る

薬

癌に効くサプリメントなどは存在していませんが、免疫力を上げることががん予防に繋がることは確かですから、免疫力を高めてくれる栄養素をサプリメントで補うことは確かに有効です。

例えば前述の通り腸内環境を整えれば免疫力は上がりますから、乳酸菌をサプリメントで補うのも1つの方法でしょう。

というのも乳酸菌の中には胃酸に弱い種類のものもあり、食事から摂っても腸まで生きたまま届かないことがあるからです。また免疫機能を維持し強い抗酸化作用も持つビタミン類やポリフェノールもお勧めです。

ただし、サプリメントの成分によっては過剰摂取の危険性があるものもありますから、使用前にまずは主治医に相談してください。

がんの再発予防に効果が期待できる方法

3つのポイント

現在科学的根拠に基づくがん予防として、禁煙・食生活の改善・適正体重の維持・運動・節酒の5大習慣が提示されていますが、実際に癌を患ったことのある人であれば「再発予防にもっと何かできないか」と考えるのも当然です。

以下に挙げる再発予防法は先の5大習慣のうちには入りませんが、確かにある程度の効果が期待できるとされている方法です。

森林浴

日光浴

森林浴の健康効果は既に医学的に証明されており、病気の予防や健康維持のために指定された「森林セラピーロード」は現在全国に60ヵ所以上が存在しています。

森林浴の主な効果は森の木々が持つ代謝物質である「フィトンチッド」によるもので、傷つけられた時にそこから菌や害虫に侵されないよう、殺菌作用のある化学物質を分泌します。

このフィトンチッドは人に取っては「空気が美味しい」と感じさせる森林の香り成分でもあり、下記の作用をもたらすため、癌の再発予防にも効果が期待できるのです。

  • ストレスホルモンの減少
  • 免疫力の向上
  • 抗ガンたんぱく質の増加
  • 副交感神経を優位にすることによるリラックス効果
  • 血圧・心拍数の安定といった作用

自律訓練法

瞑想

癌の再発予防に欠かせないのは免疫力を上げることです。免疫力を強くする方法の1つは睡眠ですが、これは睡眠中の副交感神経が優位になっている間に免疫細胞が活発化するためです。

つまり副交感神経が優位になっている状態、リラックスしている状態が長ければ長いほど、免疫力もアップするというわけです。

そこで癌再発予防に推奨されている方法の1つが、「自律訓練法」です。これは継投だった自己暗示によって意識的にリラックス状態を作る方法のことで、1950年代には既に日本にもリラクゼーション方法として導入されました。

自律訓練法は1日3回行い、何度か繰り返すうちに段々効果を感じられるようになります。訓練法は講習会などで習得することができます。

温熱療法

マッサージ

例えば風邪で熱が出るのは免疫機能が菌やウィルスと闘っている証拠なのですが、逆に局所的に熱を加えてそのような状況を作り免疫機能を活性化させようというのが、温熱療法です。

また癌細胞は42.5℃以上になると弱り死にやすくなる性質もあり、この両面から癌細胞を攻撃したり再発を予防したりするために利用されています。

更に温熱療法により血行が良くなるため、抗がん剤の全身への効果が高まり、従来の半分の量でも同じ効果を得ることができる、つまり抗がん剤の副作用を減らすことができるようになります。

このことから化学療法など他の治療法と並行して行われることもあります。

少しでも異変を感じたら病院へ

病院と医師

子宮体がんなど初期症状が見られる癌もありますが、殆どの場合初期症状が見られず早期発見が難しいのが癌の最大の問題点とも言えます。

しかし癌は腫瘍つまり何らかの塊を形成すること、また血管が多くて組織がもろいため出血しやすいことという2つの特徴があり、これらによる症状が少しでも見られれば癌の兆候と見分けることができるかもしれません。

例えば乳がんのように比較的浅いところにできる癌は、手で触れただけでしこりを感じることができますし、食道や胃、腸などの消化管にできる癌では出血により便や痰に血が混ざることがあります。

こういった少しの異変を見逃さず、すぐに検査を受けることが早期発見の鍵になるのです。

落ち込む親子

初期のがんは症状なし…がん検診で早期発見【検査方法まとめ】

日本では年間30万人以上の人が、がんで亡くなると言われていますが、欧米に比べると……続きを読む

貧血や痩せ・呼吸悪いが続くと転移の可能性も

吐きそうになる女性

癌は早期発見が鍵で、転移するほどにまで進行するに任せてはならないのですが、例えば今まで感じることのなかったような貧血や呼吸困難、また尋常でない体重減少が見られた場合には、転移してしまっている可能性があります。

癌細胞は血管が多くしかももろいという性質があるため、物理的な刺激ですぐに出血してしまい、この出血が続けば貧血になります。

呼吸困難で考えられるのは肺や気管支などに癌が移転した場合で、腫瘍により呼吸容積が少なくなって呼吸しにくくなってしまいます。

更に消化器官に癌が移転すると食事が摂れなくなりますし、末期になると起こる全身の代謝異常による栄養失調と衰弱状態も、異常なほどの体重減少を引き起こしてしまうのです。

まとめ

開いた本

細胞内にあるDNAのコピーエラーによってできる癌細胞は、正常な細胞とは異なり留まることなく細胞分裂を繰り返して増殖し、本来あるべき場所を越えて様々な臓器へと侵食していきます。

癌の死亡率が高いのはこのためで、治療しても見えない部分に潜み増殖し再び姿を現すことが多いのです。

これを「癌の再発」と言いますが、この再発により癌の診断を受けてから5年以内に死亡するケースもあるため、癌の治療効果を計る指標として、「5年生存率」が用いられています。

どんな癌であっても早期発見できれば5年生存率はいずれも90%以上になるのですが、Ⅳ期にまでなると10%を下回ってしまうものも珍しくありません。

がんに勝つには闘病意欲・ポジティブ思考・生活習慣の3つが大切

しかしいずれにしても一度癌を患うと再発の可能性と常に闘わなければならなくなり、この長い闘病生活に勝つためには強い闘病意欲ポジティブ思考、そして生活習慣を改善していくことが大切です。

食習慣や睡眠、運動など改善ポイントは幾つかありますが、共通して言えるのは、免疫力を高め癌病巣以外の部分をできる限り健康な状態に保つこと。

免疫力が正常であれば本来異物である癌細胞は免疫細胞によって排除されるはずだからです。免疫力を高める食事は勿論、森林浴や温熱療法なども併用し、癌を再発させない体づくりを心掛けていきましょう。