がんのステージとは、がんがどの程度進行しているかを知るための指標のことです。病期とも表します。

がんの治療においては進行の程度や広がり、症状などを踏まえた上で最も効果的、身体への負担が少ない選択肢を選んでいく必要がありますが、ステージはその現状を知るための指針となります。

ステージは知ることで得られるメリットは、今後どのような治療を行っていくことになるかおおまかな予測を立てていくことが可能になるということです。

治療を行わない場合どのように進行していくか、各種治療にどのような実績があるか、治療の効果の予測、治療法の選択肢が複数ある場合どれ最も有効かなどを判断していく場合に役立てていけます。

同じ種類のがんや病状の患者にどのような治療が行われ効果はどうであったかということを参考にできるため、より有意義に治療とその選択を行っていくことが可能です。

ステージと治療は密接な関係にあり、これを知ることで進行の抑制や再発予防、生存率なども大きく違ってきます。

がんのステージの分類は各種類によって判断の仕方が様々です。広範囲に拡大していたり転移があるからといって必ずしもステージが重くなるというわけでは無く、またステージが進んでいないからといって安心できるとも限りません。

病期を決める要素はそれぞれのがんで異なりますから、この点についてはよく理解しておきましょう。

またがんのステージは同じがんでも細かく分類がなされていたり、治療の効果によって前のステージに戻るといったこともあります。

基本的にステージが進む程治療や根治は難しく生存率も低くなりますが、実際に治療を行ってみないとどうなっていくかはわかりませんので、こういった点についても良く心得ておくことが大切です。

過去の治療実績を参考にしていくものの、必ずしもその限りでは無く、がんになった原因や個人の体力、健康状態にも左右されるところは大きいですから、基本的に治療方針を決めていくための目安としてとらえていきましょう。

がんの進行度を表す「TNM分類」

診断

がんの進行度を表し方はいくつかありますが、その中でも基準として最も広く用いられているのがTNM分類です。

がん情報サービスの「がんの拡がりと進行度」によると以下の3つの要素を組み合わせて判断するもので、ステージを0~Ⅳ期までの5つに分類します。

  1. がんの大きさ
  2. リンパ節への転移の有無
  3. 他の臓器への転移の有無

0期に近いほどがんは小さく、Ⅳ期に近いほど広がった進行がんとなります。

しかしがんの種類よって段階をさらに細かく分類したり、体調、年齢、他の因子を追加して判断することもあるため、全てを一定の基準で判断することはできません。

分類や遺伝子の特性など様々な方法、要因を考慮することもありますが、必ずしもこういった項目や内容について詳しく知っておく必要はありません。

ある程度知識を持っておくことで担当医の説明を理解するために役立つもののできることは限られてくるため、知らないことで不利になるというようなことは心配しなくて大丈夫です。

しかし今後の治療の見通しを考えていく上では持っておくと役に立つ知識であることは間違いないため、概要だけでもチェックしておくと精神的な不安の解消には役立てていくことができます。

がんのステージの判定方法

MRI検査

がん情報サービス「がんの病気のことを知る」によるとがんのステージは、がんの大きさやリンパ節・他の臓器への転移の有無の他、患者の状態も考慮して判断していきます。

各種がんにおいて一定の基準となる指針がありますが、病状の程度を加味することでステージを一段階重くもしくは軽く判定することもしばしばです。

ただがんはステージによって治療方針を決定するところが大きく、一定のステージ以上と判定された場合特定の治療を選択肢から除外するといったことも出てきます。

これは治療の選択肢が減ることに繋がりますから、ステージの判定については非常に慎重に考えていくことが重要になってくると言えます。

がんはリンパ節に転移をすると、リンパの流れに乗って全身へと広がってしまう恐れが非常に高くなります。そのため判定においてはこの部位への転移の有無というのは非常に大きなポイントとなってきます。

がんはそれぞれ転移のしやすさに違いがありますが、進行の速度にも大きく関わってくるためこの点についてはしっかりとした見極めが必要です。

判定を行うには各種検査が必要であり、より多くの検査を行い細かく状態を調べることで、より的確な判定を下していくことができるようになります。

リンパ節への転移による判定

検査

がんのステージの判定において、リンパ節への転移の有無というのは非常に重要になってきます。がんがリンパ節に転移するとリンパの流れに乗って全身へと広がる可能性が非常に高くなるからです。

進行の速度が速くなり、それに応じて必要となる治療も変わってくることになります。

がんは各種においてステージ判定の詳細が異なりますが、リンパ節への転移が認められる場合、ステージⅢやⅣといった判定がくだされることが多いです。

これはリンパ節に転移するということは、がんが発症部位においてかなり大きくなっているということでもあるからです。

がんのステージは治療方針を決めていくための非常に重要な指針となるものですが、リンパ節に転移しているとなった場合、元の病巣部はもちろん全身への転移を想定しこれを防ぐための治療についても考えていかなければなりません。

そのために、治療においては放射線療法が取り入れられることが非常に多いです。

ただ進行が遅い、転移の可能性が低いがんにおいてはリンパ節への転移についてあまり重要視しないこともあります。

ステージの判定とリンパ節への転移について考える場合には各種がんにおいてこれがポイントになるかどうかという点を確認することも大切です。

治療の見通しを立てる「病期」とは?

医者と患者

病期はがんのステージのことを指しますが、これはがんの大きさはもちろん身体へどの程度広がっているかを表すものとなるので、治療の見通しを立てていく上で非常に重要なものになってきます。

がんは発症した部位である局所の治療はもちろんのこと、転移によって広がってしまった場合は全身に対する治療も行っていかなければなりません。

放射線療法、化学療法など身体の隅々まで効果を発揮するがん治療が必要になりますが、それが必要になるかどうかは病期によって判断していかなければならないのです。

がんの段階と範囲が適切に把握できていなければ正しい治療の見通しを行うことはできませんし、治療が遅れがんの進行を許してしまうといったことも出てきます。

病期については各種検査で詳しく調べ判断していくことができますから、適切に検査を受けてがんの状態について把握できるようにしていきましょう。

また病期はできる治療、できない治療をはっきりさせていくためにも役立つ指標です。

がんの治療は外科療法、化学療法、放射線療法が柱ですが、これらのいずれを選択できるか、組み合わせていくかをはっきりさせ、効果的な治療法を選ぶことも病期を知ってこそなのです。

がんのステージ別生存率と再発率

グラフと医者

がんはステージによって生存率や再発率が変わってきます。基本的にステージが軽いほど生存率は高く再発率が低い傾向にありますが、がんの種類によって違いがあるので、この点については理解が必要です。

がんの治療が成功したかどうかは、治療を開始してから5年後に生存しているかどうかで判断されます。

これは5年生存率と呼ばれ、各がん、ステージにおける生存率の代表的な数値として参考にされています。

再発率はがんの種類、治療の方法や治療を行った時の状態など条件によって大きく左右されるため、参考値はあるものの治療を行いながら予防に努めていくことがとても重要になってきます。

再発まで5年以上の期間があるがんもあるので、長期的な観察が必要です。

がんステージ0の症状・生存率・再発・余命

ジョギング

ステージ0の段階では、ほぼどのがんにおいても自覚症状が無いことがほとんどです。

検査等においてがんが確認されはするものの、小さく進行も穏やかで、治療を行わず経過観察で様子をみるといったことも珍しくありません。

生存率や余命についても心配する段階では無く、ほぼ100%です。

治療において最も望ましい選択ができることが多く、それによって根治の可能性が非常に高いため、この段階でがんが発見されれば治療に不安を抱く必要は無いとも言えます。

しかし再発については原因として考えられる因子をしっかり把握し除外していくことが必要です。

最初のがんで早期発見・早期治療が叶ったのに再発によって大変な治療をしなければならなくなるといったこともありますから、ステージ0でがんが発見されたとしても甘く考えてはいけません。

またステージ0という段階はすべてのがんに設けられているわけでは無く、基本的にはⅠ~Ⅳのステージのみのがんの方が多いです。

比較的進行の遅いがんにおいてステージ0という段階が設けられていることが多い傾向にあり、状態や種類によっては治療を全く行わないといったこともあります。

がんステージ1(Ⅰ)の症状・生存率・再発・余命

咳をする女性

ステージⅠでは、進行の遅いがん、早いがんいずれにおいても軽い自覚症状が感じられるか、もしくは無いといったことがほとんどです。

極めて初期のがんであることから発見についても症状が出たことがきっかけであるケースは少なく、健康診断などの定期検診にて偶然発見されることが大半です。

生存率は各種がんにおいて90%以上で、進行性のがんでも80%以上であることが多いです。この段階で治療に取りかかれれば根治も難しくも無く、再発予防に力を入れながら予後をより良いものにしていくことができます。

治療の選択肢も豊富であるため身体への負担が少ない方法を選択することができ、余命についても本来の寿命に影響をほとんど及ぼさず生活していくことが可能です。

ステージ1の場合、治療がしやすかったり外科療法によってがん患部を全摘出できることが多いので、このおかげで再発率は低い傾向にあります。

これ以降のステージに進むと他の組織や器官への影響を考え治療の選択肢が限られるようになってくることから、再発率も高くなっていきます。

がんの種類によってはステージ1でしか外科療法は行えないといったこともあります。

がんステージ2(Ⅱ)の症状・生存率・再発・余命

吐きそうになる女性

ほとんどのがんにおいて自覚症状が出てくる段階で、この変化から病院を受診し検査、がんが発見されることが多いです。

多くの場合日常的に起こる身体の不調を逸脱しないものの、2週間以上治らないなど長期間にわたり症状が続き異変に気づくケースが大半です。

がんが元々の病巣部から隣接する臓器まで広がっていることが多く、これ以上の拡大を防ぐために様々な治療を検討していく必要があります。

また他の臓器への影響があることから選択できない治療も出てくるようになり、そのために生存率が低くなり再発率が高くなるといった問題が出てきます。

再発率が高くなることから、この予防についても一層力を入れた治療が必要です。生存率は80%以上であることが多いものの再発率はステージⅠに比べてぐっと高くなりますから、原因因子などをしっかり断つことが大切です。

進行性のがんにおいてはステージⅡからあっという間に進行することもあるので、余命にも大きな影響があります。

この点についてはがんの種類による差が非常に大きいことから一概には言い切れませんが、今後の進行を見据えて早急な治療が必要になってくる段階であることは違いありません。

がんステージ3(Ⅲ)の症状・生存率・再発・余命

咳をする女性

がんの症状が顕著に現れるようになり、かなり苦しい状態となってくることが大半です。がんそのものの治療の他に症状を抑えるための治療、緩和ケアなどが積極的に施されるようになります。

生存率は前のステージに比べてがくんと下がり、がんの種類によっては30%以上落ちるものもあります。全体としては50%前後であることが多いです。

リンパ節に転移しているケースが多く、全身への転移についても考慮していかなければならないことがこの理由になります。しかし中にはこの段階でも生存率が70%を越えるがんもあります。

がんがかなり進行し大きく、かつ広がっている状態であることから、再発の可能性も非常に高くなります。

前ステージの2倍以上の数字になることも珍しくないため、原因因子の排除や免疫細胞療法による免疫力の向上など様々なことを考え多角的な治療に取り組んでいくことになります。

余命に影響するところも大きく、5年生存率が20%を切るがんもあることから、数年以内に死亡してしまうケースも多いです。

その場合治療中に病院で亡くなることも、根治したものの再発し短期間で無くなってしまうといったことも珍しくありません。

がんステージ4(Ⅳ)の症状・生存率・再発・余命

不眠で悩む女性

各種類のがんにおいて、症状が顕著に現れます。

発熱や嘔吐など身体に負担の大きい深刻な症状が出ることが多いですが、がんの種類によってはこの段階でも特に目立った症状が現れないものもあるので、ケースによって大きな違いがあると言えるでしょう。

治療とは別に緩和ケアなどに力を入れていくことも多く、病状によっては治療よりもこちらを優先していくことがでてきます。

生存率もまたそれぞれのがんによって大きく異なります。甲状腺がんではステージⅣでも生存率は70%以上と非常に高いですが、一方肺がんでは5%を切るため差が出てくると言えるでしょう。

このため余命についても同じことが言え、数年以内に死亡してしまうこともあれば、本来の寿命に特に影響が無いといったこともあります。ステージⅣではこういった各種がんの特徴の違いが顕著に現れてきます。

進行がんにおいては生存できるかどうかといった問題になってくるため、そもそも再発については考慮を後回しにすることも珍しくありません。

生存率の高いがんにおいては原因因子を排除、免疫力の向上など積極的に取り組み、治療、経過観察を行っていきます。

小林麻央さんはステージ4(Ⅳ)の乳がん

元キャスターの故・小林麻央さんは乳がんであることを公表しましたが、そのステージはⅣと最も進行した状態でした。

乳がんのステージⅣはしこりの大きさやリンパ節への転移に関係無く、すでに肺や骨、脳、肝臓など他の様々な臓器や組織に遠隔転移してしまっている状態です。

この段階まで進行した乳がんは根治は難しいものの、抗がん剤が良く効くものが多いといった特徴があります。

大半が比較的ゆっくり進行するので今まで通りの生活を送ることも可能ですが、転移先においてがんが進行することで身体に様々な症状が起こってくることから、乳がんだけの治療に留まらず複合的に様々な治療を行う必要が出てきます。

遠隔転移を起こしている場合化学療法や放射線療法による治療が柱となってくるため外科療法を行うことは少なくなってきます。

しかし症状の緩和などを目的とし生活の質をあげるために腫瘍を切り取るといったことも珍しくありません。

この他治療については抗ホルモン剤による薬物治療や緩和療法などを取り入れていくことも多く、病状に応じて様々なものを複数組み合わせて症状や進行の抑制、根治を目指していきます。

がんは治る可能性のある病気

ドクター

がんは不治の病と言われてきましたが、医学が進んだ今では治すことができる病気になってきています。

各種がんによって進行の早さや病状の重さに違いはあるものの、全がんの5年生存率は60%以上という数字にまで上がってきているので、治らない病気ということは無くなってきています。

食道、肺、肝臓、気管など進行が早いがんにおいてはステージが進んでいなくとも生存率の数値は低いですが、これら以外のがんにおいてはステージⅢやⅣでも根治の可能性や5年生存率は非常に高く、希望を持って治療にあたっていくことができます。

がんの治療においては医療に頼らなければいけない部分が大半ですが、患者自身の身体もまたがん細胞と戦っていかなければなりません。

そのためには身体の持つ免疫力が非常に重要になり、これを強く維持できるかどうかが根治にも大きな影響を及ぼします。

身体の免疫というのはメンタル影響される部分も大きく、気持ちが落ち込んでいたりストレスを抱えていたりすると自然と下がってしまいます。

がんの治療においてはこれを防ぐこともとても大切になってきますから、この点についてはよく心得ておきましょう。

がんと診断されればショックで気を落としてしまうことは当然ですが、これを不治の病と考えて諦めるか治せる病気と思い前向きに治療に取り組むかで、完治の確率は大きく違ってきます。

治療の効果を最大限得るためにも、気持ちの持ち方というのはとても大切になってきます。

またがんを完治させるためには、早期発見・早期治療が重要です。

早い段階で見つけ必要な治療を受けられれば、生存率などを心配することなく、またより身体に負担をかけない治療方法で治していくことが可能です。

そのためには日頃から常に身体を気遣い、健康的な生活を送ることはもちろん、定期検診をしっかり受けて身体の異変を察知できるように努めていかなければなりません。

まとめ

開いた本

がんのステージはがんの大きさや広がり具合など病状のレベルを表す指針となるものであり、治療方針を決めていくための重要な情報でもあります。

これを知ることでどういった治療が行えるか、必要かといったことを的確に決定していくことができるようになります。

またステージを知ることは、完治の可能性や生存率の把握にも繋がってきます。

がんは不治の病では無くなったもののやはり恐ろしい病気であることには変わりなく、これがメンタルに与える不安も大きいことから、これらの具体的な数字を知ることができるのは非常にありがたいことと言えるでしょう。

がんはそれぞれにおいて予後や治療の選択肢、生存率など大きな違いがありますが、ステージが軽いほど治りやすい、生存率は高くなるという点については一貫しています。

これはがんに打ち勝つためには早期発見・早期治療が大切ということを意味していますから、日頃からこの点についてよく心得て、身体を気遣っていけるようにしてください。

多くのがんはスクリーニング検査によって高確率で発見することが可能になっています。もし少しでも身体に異変を感じたら、すぐに病院で検査を受けて問題が無いかどうか調べるようにしていきましょう。