肺がんは肺にできるがんであり、がんは日本人の死亡原因第1位でもある病気です。年間7万人以上が肺がんで死亡しており、今後もその人数は増加していくと考えられています。

転移しやすい特徴があり、ステージⅠ期以降に進行していくと生存率も下がっていくといった特徴がある病気です。そのため再発予防よりも早期発見、早期治療が重要になってきます。

初期症状としては咳や痰、息切れが出てきます。これらの症状は肺にがんができていることが原因で起きる直接的症状ですが、さらに進行し大きくなると他の臓器や組織に転移し、胸の痛みや頭痛、吐き気、嘔吐といった様々な症状も出てきます。

咳、痰、息切れといった初期症状の段階で異変に気づき治療にかかることが何より重要になってくるため、これを見逃さないよう注意していかなければなりません。

肺がんは進行すればするほど症状の程度が酷くなっていくものなので、もし上記の症状が長く続く、酷くなっていくというのであれば改めて病気を疑い医師の診察を受けることが必要です。

転移しやすいといった特徴があるため、危機感を持って対処していけるよう心得ておかなければなりません。

▼もしかしてガンかも…▼疑うべき10個の症状と理由はこちら

当サイト推奨の免疫力サプリメント

JFN公認サプリメント
アドバイザーが認めた免疫力サプリはこちら

※JNFは日本ニュートリション協会のことです。

肺がんの症状と原因

タバコとライター

肺がんの症状は呼吸器系に顕著に現れてきます。まず現れるのが咳で、がんが進行していくにつれて痰が出るようになり、これに血が混じることも出てきます。さらに進むと息切れ、発熱、胸の痛みなどが現れます。(参照:がん研有明病院「肺がん」)

症状は日常的な不調に似たものも多く、そのために見逃してしまうことも珍しくありません。しかし次第にその程度は酷くなっていき治ることも無く長引いていくため、長期間こういった症状が続く場合には一度病院に行き診てもらうようにしてください。

肺がんのリスクを高める要因は排気ガスや放射線被ばく、アスベストなど様々ありますが、最大の原因は喫煙と考えられているので、特にこれに当てはまり症状がある人は注意が必要です。

たばこには200種類以上の有害物質が含まれており、さらに喫煙者の場合はこれを含んだ煙が直接肺に出入りするため、肺がんの発生リスクは非常に高いと言えます。

また副流煙も同様に肺がんのリスクとなりますから、直接吸っていなくてもたばこの煙が充満する場所にいる機会が多い人は注意が必要です。

肺がんは生存率、再発予防共に気を遣い治療にあたっていかなければいけない病気でもあるため、疑いがある場合には危機感を持って対応していけるよう心得ておかなければなりません。

肺がんの検査と診断

肺がんの検査は、はじめに胸部X線検査と喀痰細胞診を行います。胸部X線検査は胸部のレントゲンを撮り疑わしい影が無いかを調べます。

肺がんができている場合は白い影がはっきりと映るので、これを参考に診断が下されます。喀痰細胞診は痰を顕微鏡で調べ、血やがん細胞が混ざっていないかを検査します。

検査結果が疑わしい場合は何度かこれを繰り返すことになりますが、それによってがんの発見率は高まります。

基本的にこの2種類の検査で診断を下していきますが、それでも判断が難しい場合にはCT検査、ヘリカルCT検査、MRI検査などを行って色々な角度から画像を撮影し、より詳しく調べ診断を下すことになります。

また疑わしい病変が見つかった際、組織の一部を採取し生検を行うといった方法もあります。肺がんは原因や症状がはっきりしており、さらに進行も早いことから、比較的早い段階で発見することが可能です。

きちんと検査を受ければほぼ確実に早期発見ができるので、気になる症状が出てきたらすぐに病院で診てもらうことが大切になってきます。

迅速な対処ができれば早期発見、早期治療に繋がり、生存率の向上や再発予防にもさらに力を入れていくことができます。

肺がんの病期(ステージ)と生存率(余命)

徐々に上昇する棒グラフ

肺がんは他のがんと比べ特殊で、できる場所や種類によってステージ分類が大きく異なってきます。大きく分けると「小細胞がん」「非小細胞がん」に分けられ、前者は肺の入り口付近にできることが多く、進行が早く転移もしやすいですが、抗がん剤や放射線が利きやすいといった特徴があり、ステージが進んでも腫瘍が縮小するケースが多いです。

後者は肺の奥の方にできることが多く、症状が出るころにはすでにリンパ節に転移しているといったことが珍しくありません。(参照:国立がん研究センターがん情報サービス「肺がん」)

同じ肺がんでもこのように特徴が大きくことなるため、この病気のステージをひとまとめに言い表すことは困難です。そのため実際に肺がんを患った場合には、それが具体的にどのようなもの、状態であるかを正しく把握し、医師に診断をしてもらう必要があります。

発見時の段階、進行の程度などで生存率や再発予防の問題も違ってくるので、臨機応変な対処が必要と言えるでしょう。

進行スピードの速いがんですが、原因を踏まえて早期に治療に取り組んでいければ治る可能性もぐっと高まりますので、診断を受けた場合にも慌てず冷静に対処を考えていけるようにすることが大切になってきます。

上昇するグラフ

がんの『ステージ』とは?症状と生存率・再発・余命【徹底解説】

がんのステージとは、がんがどの程度進行しているかを知るための指標のことです。病期……続きを読む

ステージ0(0期)と生存率(余命)

肺がんが粘膜内に留まっている状態であり、進行の状態もかなり浅い段階です。症状もほとんどなく、経過観察もしくは早期治療に取りかかっていきます。

生存率はほぼ100%で、考えられる原因を断ち再発予防に努めていくことになります。

ステージⅠ(Ⅰ期)と生存率(余命)

肺がんが明確に確認できますが、まだ肺の中に留まっており転移もしていない段階です。

生存率は8割以上で症状も比較的軽度ですが、進行速度が速いためこの段階で原因の究明や治療、再発予防など本格的に取りかかっていくことになります。

ステージⅡ(Ⅱ期)と生存率(余命)

転移が認められるものの、肺がんが肺の入り口に留まっている段階です。生存率は5割ほどまで下がり、原因はもちろんのこと再発予防や症状の緩和など様々なことを考慮して治療に取り組んでいくことになります。

ステージⅢ(Ⅲ期)と生存率(余命)

肺がんが最初にできた場所からさらに広がり、周辺組織まで進行している段階です。生存率は2割程度とかなり低くなり、症状の程度もかなり深刻になってきます。

原因や再発予防はもちろんですが、より進行の抑制と症状緩和に力を入れた治療が優先になります。

ステージⅣ(Ⅳ期)と生存率(余命)

肺がんが遠隔転移し脳や肝臓など肺から遠い臓器や組織まで転移している段階です。生存率は1桁台まで下がります。

症状が非常に辛く現れるようになるため、もはや原因や再発予防がどうといった状態では無く、治療に加えて症状緩和に力を入れていくことになります。

肺がんの治療法

手術1

肺がんの治療では、外科療法、放射線療法、化学療法が基本となります。早期発見、治療にとりかかれる場合、肺がんは手術で8割の確率で治すことができますが、反面、症状が出にくい、気付きにくく、見つかった時にはすでに進行してしまい手術ができないといったことも多いので、これを治すことができるかどうかはどの段階で見つけられるかが大きな鍵となってきます。

手術できる状態で発見される肺がんは全体の3割とも言われていますから、この点から考えても早期発見できるかどうかが治療の選択の大きな分かれ道になってくると言えるでしょう。

手術の他、肺がんは放射線治療と抗がん剤治療が有効であるため、切除が行えなくても治療に希望を見出していくことができます。

再発予防のために原因を断ちこれらの治療を行っていくことでがんの進行を抑制、生存率を高めていくことができますから、発見が遅く手術ができない段階まで進んでいたからといって希望を失う心配は無いと言えるでしょう。

この他にも免疫細胞療法など様々な手段を併用することで進行や症状を抑えていくことができるので、肺がんの状態を的確に判断し、適切な治療を選択していくことが大切になってきます。

手術(外科療法)

肺がんの治療において高い確率でがん患部をきれいに取り除くことができる治療方法ですが、肺がん自体進行が早く転移しやすいといった特徴があることから、ごく早期のステージでしか行うことができません。

手術ができる状態で発見される患者は全体の3割程度と言われています。生存率も高く、原因となる因子を断ちながら再発予防にも有意義に取り組んでいくことができ、また他の治療と合わせて症状の緩和などにも努めていくことができます。

しかし肺は生命維持に必要な呼吸をする臓器であるため、切除によってこの機能が損なわれることも考えなくてはならず、敢えて手術をせずに放射線療法や化学療法で治療を行っていくこともあります。

診断結果

手術をしても完治ではない!?がんの『5年生存率』の意味と予防法

癌は現在の日本における死亡原因のワーストワンを記録し続けていますが、この癌による……続きを読む

抗がん剤(化学療法)

肺がんの中でも特に小細胞がんは抗がん剤が効きやすいという性質があるため、これを利用して治療にかかっていきます。

シスプラチンやイリノテカンなどの抗がん剤、点滴などを組み合わせ、休薬期間を挟みながら取り組んでいくのが一般的です。

ステージが早ければ生存率や再発予防にも大きな効果が得られ、原因となる因子を断ちながら症状の緩和などにも気を遣い治療に励むことができます。

非小細胞がんにおいても抗がん剤の効果は認められるものの小細胞がんの比とは言えず、効果が期待できる数値は50%まで下がります。

また肺がんが全身に転移をしているような場合は、ほとんどこの効果を期待することはできません。

病院と医師

治療前に知っておきたい!がん治療による『副作用』と『合併症』

がんと闘うための治療は様々あり、今はこれは不治の病では無くなりました。治療につい……続きを読む

免疫細胞療法

身体の持つ免疫力に働きかけて肺がんの進行を抑えていく治療方法です。メインの治療というよりも、症状の緩和や進行の抑制などサポート的な役割で取り入れていくことになる方法と言えます。

樹状細胞療法などが知られており、免疫細胞の働きを高めていくことで、原因因子に対抗、再発予防などにも効果を期待していくことが可能です。

身体自体の力を高めることで生存率にも影響を期待することができるので、肺がんと戦っていく力をつけていくためにも非常に有意義な治療法と言えます。

肺がんにおいては免疫チェックポイント阻害剤という免疫療法も注目を集めており、外科療法に次ぐ第4の治療方法として今後より一層の研究が期待されています。

医療

世界が注目するがんの代替医療!12種類の”免疫療法”【徹底解説】

現在国際的に「癌の三大治療法」として確立されているのが「外科療法(手術)」「化学……続きを読む

放射線療法

早期発見以外で手術が難しい肺がん治療においてメインとなる治療方法ですが、基本的に外科療法や化学療法と併用して行うものであるため、これが柱の治療となることはほとんどありません。

一般的には化学療法との併用が主であり、抗がん剤とともに用いていくことでがんに対し高い効果を発揮します。

しかしどの抗がん剤とも相性が良いということでは無く、シスプラチン、エトポシドとは効果が高いものの、イリノテカンとは相性が悪いなど薬によって違いが出てきます。

原因となる因子や症状、再発予防、生存率など様々な点を考慮し他の治療方法と組み合わせて行っていくことが大切になってきますが、この治療自体が身体に負担をかけることはほとんどありません。

陽子線治療

放射線治療よりも患部をピンポイントに狙い治療を行える方法です。より周辺組織への負担を減らした治療を行っていけます。

ステージⅢ期までの非小細胞がんの治療に用いられることが多く、手術ができないがん、手術をしたくないといったケースで行われます。原因、生存率、再発予防などの諸問題は放射線治療と違いはありません。

副作用として皮膚炎や肺炎、食道炎などの症状が起こることがありますが、ほとんどの場合大きな問題とはなりません。

受けられる施設の数や専門家が少ないといった問題があり、誰でも簡単に受けられる治療では無いというのが難点です。また健康保険の適用外であることから、治療費が非常に高額であるといった問題もあります。

重粒子線治療

放射線、陽子線よりもさらに肺がんをピンポイントで狙い治療を行える方法です。がん細胞以外の周辺組織への負担を極限まで無くし治療に取り組めるといったメリットがあり、原因、再発予防や症状、生存率などあらゆる点に配慮した手段を取りたい場合に最適な選択が行えます。

しかし病期や肺がんの種類によって治療の可否に違いが出てくるので、どの肺がんにも行えるものというわけではありません。また治療を受けられる施設が少なく費用も高額であるといった問題もあります。

この治療の選択にあたっては条件がかなり細かくなってくることから、外科療法、放射線療法や化学療法と比べると用いられることは非常に少ないと言えます。

免疫チェックポイント阻害剤の効果

がん細胞への攻撃を妨げる免疫チェックポイントという分子のブレーキの働きを阻害する、免疫チェックポイント阻害剤という治療が注目を集めています。

肺がんにおいて外科療法、放射線療法、化学療法に次ぐ第4の治療法として期待されており、抗がん剤の代わりとなる薬剤になると考えられているものです。

まだまだ研究段階にあるため原因や症状、生存率、再発予防など様々な点について詳細がはっきりしていないものの、抗がん剤に比べて副作用が下痢や皮疹など非常に軽くて済み、さらにそれも他の薬剤の併用でコントロールが可能であるなど、治療における患者の身体的負担のメリットは大きく、今後ますます研究が期待されています。

切らない凍結療法の効果

液体窒素を用いて肺がんを凍結し死滅させる治療方法です。局所麻酔を行い1時間ほどで済む治療方法で、傷も針の孔だけで済むことから外科療法のようにメスで切る必要が無く、そのために身体の負担は非常に少なくて済みます。

退院後翌日から通常の生活に戻れるなどメリットも大きく、治療による生活の制限やリハビリに悩む場合や、転移の原因因子をより早く排除したい場合などにより良い選択肢となってくれる治療方法です。

症状や再発予防、生存率などの点においても利点が多いと言えます。しかしこの治療を行っている施設が限られてくる、治療可能な条件に当てはまらないと受けられないといった問題もあるので、この点については医師とよく相談する必要があります。

再発防止は?免疫力を上げて予防する!

肺がんの再発予防においては、原因因子となる煙草や排気ガスなどの有害な化学物質を含む空気を避けるということが非常に大切になってきます。

喫煙を避けきれいな空気の環境下で生活を送ることで、肺を労わることはもちろん症状の緩和、生存率の向上にも大きく貢献していくことができます。

また原因因子を断つことは免疫力の回復にも影響してきますから、煙草、排気ガスから距離をおくということはとても重要なことです。

さらに、普段から意識して身体の免疫力を高める努力をしていけば、より有意義な再発予防となります。

規則正しい生活習慣といった当たり前のことを心がけるだけでも基礎免疫力には違いが出てくるので、健康を気遣った生活を送るようにしていきましょう。

質の高い睡眠、ストレスを溜めない、腸内環境をより良い状態に保つといったことを心がけることでも免疫力は大幅に上がりますから、こういったことを心得て日々の生活を送っていくことも大切です。

免疫力を意識した生活は、がんの再発予防にとって非常に大きな意味を持つものとなるので、身体そのものが持つ力を充分に高めてがん細胞と戦えるコンディションを整えていくようにしましょう。

健康

病気やがん再発を予防する!免疫力を高める方法【徹底解説】

健康的な生活を送るうえで欠かせないのが免疫力を高めることです。免疫力とは、疫病を……続きを読む

早期発見・早期予防のためのスクリーニング検査

医師とパソコン

進行の早い肺がんは、初期段階で発見、治療にかかることが非常に重要になってきます。原因や症状を理解していても、少しでもより良い手段で治せる段階で発見ができなければ辛い闘病生活が待っています。

そうならないためにも普段から肺がんのリスクを意識し早期発見・治療・予防に努めていかなければなりません。

そのために役に立つのは胸部X線検査とヘリカルCT検査によるスクリーニング検査です。これらの画像診断を行うことで肺がんは1cmに満たないごく初期段階でも発見することが可能ですから、これを定期的に受けて肺がんの有無を確認するようにしましょう。

落ち込む親子

初期のがんは症状なし…がん検診で早期発見【検査方法まとめ】

日本では年間30万人以上の人が、がんで亡くなると言われていますが、欧米に比べると……続きを読む

肺がんは初期段階で発見することができれば、生存率や再発予防においても余裕ができる部分が大きく、前向きかつ有意義に治療に取り組んでいくことができます。

特にたばこを吸う人や身内に肺がんを発症した人がいるといった人の場合にはこれを患うリスクが高くなりますから、積極的にスクリーニング検査を受けるようにしてください。

大がかりな検査では無く気軽な気持ちで受けられますから、常にリスクを意識し、予防するという意識で向き合っていきましょう。

落ち込む女性

自宅で簡単『がん検査キット』おすすめランキング【徹底比較】

がん検査キットとは、郵送でがんの検査を受けられる大変便利なシステムです。検査道具……続きを読む

まとめ

メモを取る男性

肺がんにおいて重要なポイントになってくるのは、原因の大半が煙草である、進行が早い、早期発見・早期治療という点です。

早い段階で見つけることができれば肺がんは外科療法によって取り除くことができ、生存率も高い数値を維持して再発予防に努めていけます。

しかしその反面発見が遅れると治療は難航していきますから、そうならないためにも常にリスクを意識していくことが必要です。

煙草を吸っている人で咳や息切れが長く続くといった症状が思い当たるようになったらすぐに検査を受ける必要がありますし、また明確な症状が無くとも心配という場合には定期的にスクリーニング検査を受けるようにしましょう。

肺がんは見つかりにくいがんということは無く、適切な検査を受ければごく初期段階でもきちんと発見することができますし、早ければ早いほど様々な手段を用いて対処していくことが可能です。

最もやってはいけないのは長く続く咳や息切れを放置し、さらにその原因と考えられる因子を断つことなく放置することです。

肺がんは進行が始まればあっという間に身体を蝕んでいきますから、これを甘くみることなく、常に身体を労わりリスク管理をしていかなければなりません。

医者

がんを予防するなら生活習慣病からが大事!

がんは誰でもかかるリスクがありますが、生活習慣や食生活など後天的な要因によって発……続きを読む