肝細胞がんとは、肝臓に発症するがんです。肝臓は腹部の右上にあり、「原発性肝がん」と「転移性肝がん」の2つに大きく分けられます。

同じ肝細胞がんでも、それぞれ原因は異なります。肝細胞がんは原発性肝がんに含まれますが、

  • 胆管細胞がん
  • 肝細胞芽腫
  • 肝細胞・胆管細胞混合がん
  • 胆管膿胞腺がん

このようにさまざまな種類があります。

日本では原発性肝がんの中でも肝細胞がんが約90%を占めており、肝がんというとほとんどがこのタイプを指します。(参照:国立がん研究センター「肝細胞がん」)

肝細胞がんの主な原因は、肝炎ウイルスです。ウイルスの持続感染によって炎症と再生が肝細胞で繰り返し、肝細胞がんに進展するといわれています。

肝炎ウイルスはA・B・C・Dなどに分類されますが、そのうち肝細胞がんと関係があるのはB・Cになります。

そのため、肝細胞がんの多くはC型肝炎ウイルスとB型肝炎ウイルスの持続感染によって引き起こされます。

特に日本ではこれらによって肝細胞がんになるケースが高く、肝炎ウイルスの感染予防と持続感染者による発生予防が主になるでしょう。

またC型とB型は慢性的な肝炎になる可能性も高く、症状が進行すると肝細胞がんだけでなく肝硬変の発症確率も高くなるでしょう。

ちなみに、B型肝炎・C型肝炎がそれぞれ慢性化し、肝硬変を含めた状態を「肝がん高危険群(ハイリスクグループ)」と呼びます。

その中でも肝臓の繊維化がどれだけ進んでいるか、飲酒歴などの因子で発がんリスクもアップするといわれています。ですから、高危険群と診断された方は定期的に肝機能チェックを受ける必要があるでしょう。

また慢性肝炎や肝硬変の治療を受けることも大切です。そうすることで発がんリスクを下げることができます。

ウイルス感染以外では、過度な飲酒、喫煙、アフラトキシンなどがあげられます。アフラトキシンは食事に混入しているカビ毒で、肝細胞がんを引き起こす原因として知られています。

ここで肝細胞がんの初期症状や原因、生存率から治療法、再発予防まで解説します。これを参考にして頂き、ぜひ早めの行動を心がけるようにしましょう。

全種類のがんを確認したい方へがんの種類・症状・治療方法まとめ

当サイト推奨の免疫力サプリメント

JFN公認サプリメント
アドバイザーが認めた免疫力サプリはこちら

※JNFは日本ニュートリション協会のことです。

症状について!初期症状はあるの?

胸が苦しい男性

肝細胞がんの初期症状は、実は分からないことがほとんどです。初期の段階では特に自覚症状がなく肝炎ウイルス検査を受けることでようやく発症していることに気づくといわれています。

そのため、知らず知らずのうちに肝細胞がんが発症しているケースも少なくないでしょう。一番多いのは、他の病気を検査したときです。

進行していても特有の症状は少ないのですが、腹部のしこり・圧迫感・お腹が張る、などは肝細胞がんならではの症状といって良いでしょう。

これらの症状がなくても、食欲不振や体重の減少、倦怠感、貧血、黄疸などでも判断できます。

これらは肝細胞がんだけでなく、慢性肝炎や肝硬変などの症状も含まれます。そのため、肝細胞がんという自覚症状がない方が多いのでしょう。

ですから、体の不調や異変を感じたらなるべく早めに病院を受診してください。がんが破裂すると腹部に激痛が走るだけでなく、血圧低下を引き起こす恐れがあります。

ちなみに、前述の症状の中では「黄疸」「腹水」がもっとも分かりやすいといわれています。

黄疸は肌や白目が黄色くなるもので、血中にビリルビンが異常増殖していることで起こります。腹水は、体液が腹腔内に溜まったものです。

検査と診断

肝細胞がんの検査は主に以下の5つです。(参照:国立がん研究センター「肝細胞がんの冊子」)

  • 血液検査
  • 腫瘍マーカー検査
  • 超音波検査
  • CT検査
  • 肝生検

血液検査では、AST(GOT)やALT(GPT)の数値で確認します。肝細胞が破壊されると、これらの数値が上昇します。またB型肝炎やC型肝炎もこれらの数値で判断できます。

ただ、中には数値に変化がなくても肝機能が低下しているケースもあるため、血液検査だけで確定することはありません。

腫瘍マーカー検査は、腫瘍マーカーと呼ばれる血液中の特定物質値が上がることで肝臓疾患の有無が確認できます。

超音波検査では、プローブと呼ばれる装置を使って行います。妊婦さんが胎児の状態を確認するときの検査と同じで、体の表面に装置を当てて観察します。超音波なので安全性も高く、小さな腫瘍も見つけることができます。

CT検査は、体外からX線を照射するもので、画像を見て状態を判断します。

肝生検では、超音波で確認しながら病変部位に針を挿入し採取します。採取した病変部位は、顕微鏡で観察し異常がないか確認することになります。

肝細胞がんの場合、転移性以外は肝炎ウイルスのケースが多いでしょう。ですから、肝炎ウイルス検査を行うのが賢明です。

肝細胞がんの病期(ステージ)と生存率(余命)

聴診器

病期(ステージ)とは進行度合いのことで、I期・II期・III期・IV期(IVA・IVB)に分類。またがんの大きさや個数、肝臓内にがん細胞が留まっているかでも分類されています。

これら3つからT1・T2・T3・T4に分類します。

T1 T2 T3 T4
①腫瘍が1つ ①②③ 2項目合致 1項目合致 全て合致なし
②腫瘍の大きさ2cm以下 ①②③ 2項目合致 1項目合致 全て合致なし
③脈管に広がりなし ①②③ 2項目合致 1項目合致 全て合致なし

そしてさらに、

リンパ節・遠隔臓器への転移なし I期 Ⅱ期 Ⅲ期 IVA期
リンパ節転移はあるが、遠隔転移なし IVA期 IVA期 IVA期 IVA期
遠隔転移あり IVB期 IVB期 IVB期 IVB期

このように細かく分類されています。では、肝細胞がんによる生存率はどうでしょうか。

全がん協部位別臨床病期別5年相対生存率」の2004年~2007年の診断症例によると、肝細胞がんはI期57.3%・II期38.7%・III期15.5%・IV期4.0%となっています。

しかし1999年~2002年の「10年相対生存率」では29.3%・16.9%・9.8%・2.5%なので、生存率は上がっています。

1.ステージ0(0期)と生存率(余命)

ステージ0によるがん細胞は、上皮細胞内に留まりリンパ節への転移はない状態です。まだ初期の状態というと分かりやすいでしょう。

生存率は49.8%と高く、5年生存率が期待できます。

2.ステージⅠ(Ⅰ期)と生存率(余命)

ステージIは、がんの腫瘍が少し大きくなった状態です。しかし筋肉層で留まっているためリンパ節への転移はないでしょう。

また生存率もステージ0と同じで50%近いので、5年生存率も80~90%を超えています。

3.ステージⅡ(Ⅱ期)と生存率(余命)

ステージIIではさらに状態が進行しています。そのため、腫瘍が1個・腫瘍が直径2cm以下・血管、胆管までは広がっていない、何れかのうち2項目が合致していることになります。

生存率は38.8%です。

4.ステージⅢ(Ⅲ期)と生存率(余命)

ステージIIIは、腫瘍の個数・大きさ・がんの広がり具合など、何れかのうち1項目が合致していると診断されます。

しかし、リンパ節や遠隔臓器などへの転移はなく、生存率は15.7%となっています。

5.ステージⅣ(Ⅳ期)と生存率(余命)

ステージIVになると深刻です。項目にはすべて合致しません。

リンパ節と臓器への転移がない場合はIV Aになりますが、遠隔転移があるとIV Bと診断されます。生存率は3.9%まで減少。

ステージ別の症状と生存率一覧

ステージ 症状の状態 5年生存率
0(0期) 約80~90%以上
Ⅰ(Ⅰ期) 約80~90%
Ⅱ(Ⅱ期) 約38.8%
Ⅲ(Ⅲ期) 約15.7%
Ⅳ(Ⅳ期) 約3.9%
ステージ別の5年生存率は「全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査」を参考に算出。また、がん研有明病院の肝細胞がん切除後の生存率によると、ステージⅠで83%、Ⅱで70%、Ⅲで44%、Ⅳで46%と、全症例を見ても59%の高い生存率があります。

治療法

治療

肝細胞がんの治療は、主に「外科治療」「焼灼療法」「肝動脈塞栓療法」。肝細胞がんの患者さんはほとんどががんだけでなく慢性肝疾患ももっていますから、がんの病期だけでなく肝機能を含めて治療することになります。

ですから、それぞれの症状を踏まえたうえで治療を選択しなければいけません。また自分に合った治療法を考えることも大切です。

ほとんとの患者さんは担当医に任せていますが、それがすべてではありません。自身が満足できる治療法を取り入れることで安心して手術を受けることができるでしょう。

そのためには、病状をしっかり把握する必要があります。どんなことでも良いので、担当医に質問してください。

肝障害度と病期の確認はもちろんですが、分からない点も積極的に質問しましょう。担当医ときちんとコミュニケーションが取れることも大切なことです。

そして、診断や治療法を十分に理解したうえで治療を進めていきましょう。

また治療をはじめる前に、体調を整えることも大切です。これまでどおりの生活で問題ありませんが、他の病気を患っている場合は事前にきちんと担当医に確認しておくことをおすすめします。

1.手術(外科療法)

手術

外科療法といってもさまざまです。主に行われるのは、「肝切除」と「肝移植」。肝切除は、がんと肝臓の組織を取り除く手術のことで、がんの大きさや位置などによって切除するか判断します。

一般的にがんが肝臓内にあり、3個以下の場合は切除が選択されます。また腫瘍の大きさはたとえ10cm以上でも切除が可能で、黄疸や腹水がある場合は手術以外の治療法が用いられます。

肝移植は、肝臓をすべて摘出する方法です。提供された肝臓を移植し、切除が不可能な場合に適応されます。

ただし、肝細胞がんというより肝機能が低下、肝硬変などで用いられるため肝細胞がんの場合は転移がない場合のみ適応されます。

2.抗がん剤(化学療法)

タブレット

抗がん剤を使用した化学療法も、肝細胞がんの治療のひとつです。「肝動注化学療法」と「全身化学療法」の2種類あり、局所的治療で効果がない場合に用いられます。

ですから、肝細胞がんだからといってすぐに化学療法が適応されるわけではありません。

適応が認可されている抗がん剤はいくつかあり、副作用として髪の毛・口・消化器官などの細胞が影響を受けやすくなります。

そのため、場合によっては吐き気や白血球や血小板の数が減ることもあります。

また、肝硬変や腹水があるかどうかによっても、どんな副作用が起こるかが変わってくるでしょう。

ちなみに、ソラフェニブが致命効果があると標準治療に位置付けられています。

3.免疫細胞療法

セキュリティ

免疫細胞療法は、その名のとおり免疫を利用して行う治療法です。免疫細胞を体外で大量に増やすことで副作用が少ないと近年注目されています。

これまでの治療法とは異なり、先進的な治療として目に見えないがんも転移防止できます。また抗がん剤を使った治療も行わず、非常に安全性が高い治療法といえます。

進行した肝細胞がんにも適応しているため、再発予防にも繋がるでしょう。

ちなみに、免疫細胞療法のひとつに「活性化リンパ球療法」があります。体内のリンパ球を活性化させる治療法で、リンパ球を体外に出し活性化させ体内へ戻します。

初期段階の肝細胞がんから再発予防としても用いられる治療法になります。

医療

世界が注目するがんの代替医療!12種類の”免疫療法”【徹底解説】

現在国際的に「癌の三大治療法」として確立されているのが「外科療法(手術)」「化学……続きを読む

4.放射線療法

放射線療法は、肝細胞がんで用いられる場合は細心の注意が必要になります。というのも、肝臓に放射線をあてることで正常な肝細胞にも悪影響を及ぼしてしまうからです。

近年は範囲を絞って行う放射線治療が有効になっていますが、それでも他の治療法に比べると注意を払って行う必要があるでしょう。

そのため、骨に転移したときの疼痛、脳への転移などの治療で用いられるケースがほとんどです。また門脈や静脈などの血管に広がった場合にも用いられるでしょう。

副作用は、全身倦怠感・食欲低下・嘔気・嘔吐など。皮膚が変化する場合もあります。長期的に照射すると二次がんを発生させる恐れもあるといわれています。

5.陽子線治療

陽子線治療は、がん局部にのみ照射し正常な細胞を極力傷つけないように治療する方法です。通常、放射線治療ではがん局部周辺にある細胞も傷つくといわれています。

そのため体への負担も大きいのですが、陽子線治療は負担が少なく痛みもほとんどないので安全性の高い治療法になるでしょう。

ただし、血液まで広がったがんの治療は不可能ですので、あくまで局部的ながんの治療のみに用いられます。

メリットは、クオリティ・オブ・ライフを保てること、1日15~30分程度の治療で良いこと、身体機能を保ったまま治療ができることです。

ただ、先進医療であるため、健康保険が適用されないというデメリットがあります。治療を受けるには約250~300万円が必要になるでしょう。

6.重粒子線治療

重粒子線治療は、がん局部を集中的に治療する方法です。陽子線治療も局部的がんの治療に適していますが、それよりもさらに細部の治療が可能なのが重粒子線治療になります。

そのため殺傷効果も高く、進行したがんへの治療も可能です。放射線治療では不可能な深部の治療にも適しています。

メリットは、短期間で治療ができること。そのため通院での治療も可能になります。陽子線治療同様副作用もほとんどありませんし、痛みもないので高齢者の治療にも適した方法といえます。

ただ先進医療ですから、約300万円の治療費がかかるでしょう。1回あたりの治療時間は15~30分、1日1回で可能です。

再発防止は?免疫力を上げて予防する

ウォーキング

肝細胞がんは、治療後の再発もあります。そのため、手術を受けたあとは再発しないように予防することが大切です。そのためには、「免疫力を上げる」ことがもっとも効果的でしょう。

免疫力を上げるには、「生活習慣を改善する」「適度な運動をする」などが代表的です。

食事は、栄養バランスを考えたものを。アルコール類は抑える必要があります。というのも、肝細胞がんの再発でもっとも多いのがアルコールといわれているからです。

せっかく治療しても、今までどおりアルコールを摂取していては再発の可能性を高めてしまうでしょう。ですから、アルコール摂取は避けたほうが安心です。

特に慢性的な肝疾患がある人は完全にアルコールを断つようにしましょう。どんな食事が良いのか分からない方は、担当医や看護師、栄養士などに相談してみてください。

野菜の詰め合わせ

がん予防に最適!免疫力アップおすすめ食材16選&食べ方【徹底解説】

人の免疫システムとは、体内に侵入したウイルスや病原菌などの有害なものをやっつけて……続きを読む

運動は、散歩からはじめると良いでしょう。いきなり激しい運動をしてしまうと体への負担が大きいのでおすすめしません。徐々に活動範囲を広げていくのがポイントです。

また激しい運動をする場合は、担当医に相談してから行ってください。肝機能が安定すれば、通常の生活に戻すことができます。

ウォーキング

おすすめだけど知ってほしい!免疫力を高める『4つの運動』と注意点

運動をする事で得られるメリットはいくつかあり、そのひとつが免疫力の向上です。まず……続きを読む

まとめ

バインダーにメモをとる医者

いかがでしたか。

肝細胞がんは、アルコールを摂取していなくても発症する病気です。日本人では約90%の人が肝細胞がんを患っているといわれていますから、他人事とはいえないでしょう。

定期的な検査を受け、しっかり予防することが大切です。

初期段階では自覚症状もほとんどないといわれていますから、進行してから知るよりも定期的な検査で自分の体の状態を知っておきましょう。

特にアルコールが好きな方は要注意です。

もともと、肝臓は「沈黙の臓器」といわれていますので、肝細胞がんだけでなく何か疾患があってもなかなか気づかないといわれています。

また肝炎ウイルスからの発症が多いため、肝細胞がんを知るには肝炎ウイルス検査を受けたほうが早いでしょう。早期治療で生存率も高くなりますから、健康だからこそ積極的な検査をおすすめします。

そして、生活習慣の改善や適度な運動を取り入れた生活を心がけましょう。アルコールもそうですが、ストレスやサプリメントなども肝臓に悪影響です。日本は肝がん治療において世界でトップクラスですから、長期生存も期待できます。

さまざまな治療法があり、近年は副作用や痛みの少ないものも増えています。医師と相談し、自分に合った治療で進めていきましょう。