小児がんとは、15歳以下の子供が発症するがんのことを言います。そのため小児がんといってもさまざまな種類のがんがあり、症状や生存率などは全く異なります。(参照:がん治療.com「小児がんとは|症状や検査、治療、ステージなど」)

小児がんは年間2,000から3,000人が失陥する病気で、その多くは大人は発症しにくい、小児特有のがんの場合が多いでしょう。

小児がんで特に多いのが、白血病、悪性リンパ腫、脳腫瘍、神経芽腫、腎腫瘍です。特に、脳腫瘍、神経芽腫、腎腫瘍は大人ではほとんど発症者が見られない、小児がん特有のものといってよいでしょう。

大人のがんの原因の多くは、生活習慣です。喫煙や肥満など、体に良くない生活を送っているとがんが発症しやすくなります。

しかし小児がんの主な原因は先天的なものです。生活習慣が原因で起こる小児がんはほとんどありません。また、中には先天的ではなく遺伝的な小児がんの場合もあります。

昔は小児がんに発症したことに気づかす発見が遅れて亡くなる人も少なくはありませんでしたが、現在は医療の発達のおかげで生存率もどんどん上がりました。

子供の医療費が無料の地域が多いため、ちょっとした体調不良でも医師に相談しやすい、というのも小児がんの生存率の高さのひとつではないでしょうか。

小児がんの発症者で一番多いのが白血病です。続いて脳腫瘍とリンパ腫が多くなっています。発症者の人数を見てみると、小児がんの多くがこの3種類で、そのほかの小児がんに掛かる人はごく稀です。

大人でも起こる骨腫瘍や軟部腫瘍などもありますが、これらにかかる小児はあまりいません。

小児がんの定義はとても曖昧です。一般的には乳幼児期から15歳までの子供が発症するがんを小児がんと行っていますが、中には20代までの時期にかかるがんを全て小児がんにまとめる場合もあります。他にも未成年が発症するがんは小児がんという場合もあります。

小児がんというのはあくまで子供がかかるがん全てのことを意味する言葉なのです。

当サイト推奨の免疫力サプリメント

JFN公認サプリメント
アドバイザーが認めた免疫力サプリはこちら

※JNFは日本ニュートリション協会のことです。

小児がんの症状について!初期症状はあるの?

のどを押さえる女の子

小児がんにはさまざまな種類があり、発症したがんによって症状も異なります。

しかし初期症状に多いのが、発熱、頭痛、骨や間接の痛み、体のしこり、貧血、食欲低下などです。

幼児期以降になるとこれらの体調不良を自分で訴えることができますが、乳幼児期の場合は自分で発言できない場合が多いでしょう。そのため、普段と様子が違う場合や、不機嫌な状態になっている場合、発熱している場合はすぐに病院で診断を受けることをおすすめします。

また、小児がんの初期症状はどれもただの体調不良と捉えられることが多く発見が遅れてしまいがちです。特に幼い子供は自分で症状を詳しく説明することができませんし、ある程度の年齢になると自分の体調不良を隠す場合もあるでしょう。

だからこそ、ちょっとした変化も見逃さないことが大切です。

小児がんで多い白血病は、貧血や出血、体のあざ、体に複数のしこりができるなどの変化が起こります。脳腫瘍の場合は頭痛や吐き気、目の異常、ふらつきなどの症状が起こるでしょう。

小児がんはとても幅が広く、がんの種類によっても症状が全く違うため、一概に小児がんの症状とまとめることはとても難しいです。

小児がんの検査と診断

聴診器とメモ

小児がんの検査は問診視触診から入り様々な細かい検査を行っていきます。

子供は症状を上手く話すことができず、問診だけでは十分な検査をすることができない可能性が高いでしょう。しかし医師はちょっとしたしこりやあざを見るだけでも、がんの疑いがあるかどうかの判断をすることができます。

そのため、問診や視診、触診で違和感を感じたら次のステップに進んでいきます。もちろん視診や触診だけでわからなかった場合も、次の検査に進む可能性が高いでしょう。

血液検査を行うことで腫瘍マーカーを実施し、がんかどうかを判断することができます。また、一般血液検査を行い貧血や白血病、その他の病気の可能性を探ることができるでしょう。

しかし腫瘍マーカーは信憑性が薄く、がんでも陰性が出る場合もあります。あくまでちょっとした判断材料として用いられます。

生化学検査は、肝臓や腎臓などを調べるための検査です。小児がんの場合数値が上がる可能性があるので検査をすることもあるでしょう。

初期の検査では尿検査を行い、小児がんに多い神経芽腫かどうかの判断をする場合もあります。

これらの検査でがんと疑わしかった場合は、超音波検査やCT、MRIでがんの進行具合や形を確認していきます。

小児がんの病期(ステージ)と生存率(余命)

色々なグラフ

小児がんはあくまで小児期にかかるがんの総称なので、がんの種類によってステージの度合いも異なります。

一番小児がんで多い白血病を例にとって説明してみましょう。白血病の場合、慢性期、移行期、急性転化期に分けることができます。

慢性期は白血球の数が増加しているけれども未成熟な白血球の割合が少なく、症状はほとんどないといって良いでしょう。

次に移行期は、慢性期から急激に変化する期です。未成熟な白血球がどんどん増えていき、薬だけでは抑制をすることができなくなってしまいます。症状も貧血、出血、発熱などが見られ、明らかに白血病だとわかるようになるでしょう。

最後に急性転化期です。この状態はいわゆるステージ4です。ここまでくると、全身にさまざまな症状が見られ、未成熟な白血球の割合もどんどん増加していきます。

体中に転移していき、骨やリンパ節にまで転移することもあるでしょう。ここまでくると生存率は著しく低下します。

もちろん他の小児がんの場合はステージの度合いも異なりますが、ステージ2までなら比較的治りやすく、ステージ3になると転移の可能性が高まるという点は変わりありません。

上昇するグラフ

がんの『ステージ』とは?症状と生存率・再発・余命【徹底解説】

がんのステージとは、がんがどの程度進行しているかを知るための指標のことです。病期……続きを読む

ステージ0(0期)と生存率(余命)

小児がんは原因不明のものが多くステージ0段階で発見することは困難です。そのためこの時期の症状や生存率はわかりません。

ステージⅠ(Ⅰ期)と生存率(余命)

小児がんにはさまざまな種類があるため、このステージでの生存率や症状もがんの種類によって違います。また、ステージ1段階で見つけることは難しいでしょう。

ステージⅡ(Ⅱ期)と生存率(余命)

小児がんにはさまざまな種類があるため、このステージでの生存率や症状もがんの種類によって違います。しかし、ステージ2段階であれば生存率も高いはずです。

ステージⅢ(Ⅲ期)と生存率(余命)

小児がんにはさまざまな種類があるため、このステージでの生存率や症状もがんの種類によって違います。しかしステージ3段階で腫瘍を全ての取り除ける小児がんは少なくはありません。

ステージⅣ(Ⅳ期)と生存率(余命)

小児がんにはさまざまな種類があるため、このステージでの生存率や症状もがんの種類によって違います。この段階まですすむと生存率の高い小児がんでも生存率は格段に低くなるはずです。

小児がんの治療法

手術2

小児がんといってもがんには変わりないので、治療方法も大人のがんと変わりなく行われます。

まずは手術を行い、手術だけでは対処できなかったら抗がん剤や放射線療法を用いて最適な治療方法を探っていきます。(参照:がんの子どもを守る会「小児がんの治療」)

小児がんは、抗がん剤が効果的な病気です。そのため、抗がん剤できちんとケアをしていけば再発や悪化を防ぐこともできるでしょう。

しかし気をつけたいのが、白血病です。小児がんで一番多い白血病は手術では治すことができない病気です。そのため白血病は投薬治療で改善を進めていきます。

他にもいくつかの治療方法はありますが、一番効果的で推奨されている治療方法は抗がん剤治療といって良いでしょう。

一言に小児がんの手術や治療方法といっても、がんの種類、子供の年齢やがんの症状によって大きく異なります。

体の小さな抵抗力の弱い子供のがんだからこそ、きちんと検査をして一番負担が掛からず早く改善できる方法を医師と相談していくのが一番です。

小児がんは比較的改善しやすいがんだといわれていますが、それでも再発や転移の可能性はあります。がんの手術というと驚いてしまうかもしれませんが早い段階での手術、治療が小児がんを治すためには一番大切なことなのです。

手術(外科療法)

小児がんの多くは手術を最初に行います。たとえば、脳腫瘍の場合は安心安全にできるだけ腫瘍を取り除くように心がけた手術を行います。しかし脳部分なので慎重に行わなければいけません。

もし、脳幹など重要な部分に腫瘍がある場合は手術ではなく生検のみの治療になる可能性もあるでしょう。また、手術だけでは取り除くことができない場合は、そのほかの治療も並行して行われます。

神経芽腫の場合は、手術から治療がはじまります。遠隔転移の可能性のあるがんです。そのため、抗がん剤を投与し転移した部分の腫瘍を小さくしてから手術を行う場合が多いでしょう。

神経芽腫もとても重要な臓器なので慎重に、どこまで腫瘍なのかをしっかりと確認しつつ手術を行います。早い段階で手術ができる場合は、腹腔鏡を使って体に負担のかからない手術をすることも可能です。

腎腫瘍は、腫瘍部分だけではなくその周辺の尿管や脂肪組織まで切り取る手術が主流となっています。

なぜなら腎臓は左右療法にあるため片方を取り除いても生命維持には問題ないからです。確実に腫瘍を取り除くことを重視して、根治的腎摘出術が行われるのです。

しかし左右療法の腎臓まで腫瘍が広がっている場合は別の方法で取り除きます。肝腫瘍は、とても重要な部位のため慎重に手術が行われます。

そのまま摘出をすることが難しい場合は化学療法を用いて腫瘍を小さくしてから取り除くことも多いでしょう。

網膜芽腫の場合は、眼球の中にあるのか、外にまで腫瘍が広まっているのかによって手術方法は変わってきます。

眼球の中にのみ腫瘍がある場合はできるだけ手術は行わず、放射線治療や化学療法のみでがんの治療が行われます。腫瘍を摘出すると視力が失われる可能性があるからです。

しかしがんが眼球の外にまで広がっている場合は眼球を摘出する場合が多いでしょう。摘出しなければどんどん転移し全身にがんが広がる可能性があるからです。

眼球を摘出した後は経過観察をしながら義眼を入れる場合がほとんどです。

骨肉腫は悪化すると手足を切り取らなければいけないがんです。しかし最近は、できる限り手足を温存した患肢温存手術が主流となっています。腫瘍が広範囲でなければこの方法を用いて人工関節や人工骨を使い、普段どおりの生活を送ることができます。

しかし、人工関節などを使うと将来的な身長の伸びに影響する可能性があるため、太ももから切断して義足を使う可能性もあります。

胚細胞腫瘍は、できる限り全ての腫瘍を取り除く手術が行われます。完全に切除できればその後の再発の可能性も大幅に防ぐことができるでしょう。

しかしそのままの段階では手術が難しい場合は、まず薬で腫瘍を小さくしてから手術に挑みます。

診断結果

手術をしても完治ではない!?がんの『5年生存率』の意味と予防法

癌は現在の日本における死亡原因のワーストワンを記録し続けていますが、この癌による……続きを読む

抗がん剤(化学療法)

小児がんは手術だけでは改善できなかった場合や、症状が重かった場合、そのままで手術に挑むことが難しかった場合に化学療法が用いられます。

しかし白血病は手術できないがんのため、最初から投薬治療のみが行われます。白血病のときに用いられる抗がん剤は血液に乗って全身に行き渡るため高い効果を実感しやすいでしょう。

投薬治療によって98パーセントほどの方の白血病の状態がかなり改善します。しかし、白血病細胞が5パーセント未満になった完全寛解状態で治療を終えてしまうと再発する可能性が高まるため、いったん症状が落ち着いた後も投薬治療は続けられます。

長期間の投薬を経て、ようやく白血病の改善に向かうのです。

そのほかの抗がん剤治療は主に3パターンです。ひとつは術前化学療法で、手術をする前に腫瘍を小さくするための投薬です。二つ目は術後化学療法で、術後に残ったがん細胞を薬で死滅させ再発の可能性をなくすための投薬です。

最後は、進行や再発を防止するための投薬です。手術ができない場合は、症状を緩和したり延命治療のためにと投薬が行われます。

投薬治療を行うことで、より確実にがんの治療を行うことができるのです。

病院と医師

治療前に知っておきたい!がん治療による『副作用』と『合併症』

がんと闘うための治療は様々あり、今はこれは不治の病では無くなりました。治療につい……続きを読む

再発防止は?免疫力を上げて予防する!

ヨーグルト

小児がんの再発防止方法は、大人のがんと同じです。ライフスタイルを改善し、万が一何かあったときは早期発見早期治療を行い、再発を防止するための対策をとることがとても重要なのです。

とくにおすすめなのが、免疫力を高めることでしょう。

幼い頃は、どうしても免疫力が低くさまざまな病気にかかりやすくなってしまいます。乳幼児が風邪を引きやすかったりすぐに熱を出してしまうのは免疫力が低いせいです。

免疫力を高めることができれば、がんはもちろん、風邪やさまざまな病気に負けない強い体を手に入れることができるはずです。

しかし、大人のがんと違う部分は小児がんは免疫力だけで防ぐことはできないという点です。大人のがんの原因の多くは生活習慣の乱れや免疫力の低下ですが、小児がんの原因は原因不明のものが多く、いきなりなってしまうパターンがとても多いのです。また、小さな子供は免疫力をあげるといってもなかなか難しいでしょう。

そのため一番おすすめしたいのは食事などでの免疫力の向上です。

食事、といっても好き嫌いも多い子供の食事なので。子供が食べやすいもので免疫力を高めることをおすすめします。ヨーグルトには免疫力を高める力があるといわれていますし、最近は子供でも食べやすい免疫力アップ系のサプリも増えてきました。

せのびーる

子供用サプリ『せのびーる』専門家が栄養成分と口コミを徹底評価!

マイブランズなど免疫力系のサプリを販売しているスリーエー・ライフ株式会社……続きを読む

こういった、子供でも取り入れやすい免疫力向上方法を用いれば、子供が病気になったりがんが再発するのを防ぐことができるかもしれません。

もちろん定期的な検診を受け健康状態に異変がないか確認をすることも大切です。

子供の健康は、親が守るべきです。子供の変化に目ざとく気づき、免疫力を意識し、きちんと病院に行く習慣を付けることが、再発の防止につながります。

りんごを食べようとする女性

免疫力を高める食事療法とは?免疫の60%以上が腸内に存在する事実!

身体の中で異変が起きようとしている場合、健康を守るために戦ってくれるのが免疫です……続きを読む

まとめ

医師とパソコン

小児がんというととても深刻な病気に感じられるかもしれませんが、早い段階で見つけることができれば生存率も決して低くはありません。治る可能性も高い病気です。だから、万が一小児がんになったとしても落ち込まないでください。

また、小児がんは生活習慣や遺伝が原因ではないので、親が自分を責めないということも大切です。

治すためには、きちんと病院に通いしっかりと治療を受けることです。また、再発予防のために健康的な生活を心がけることも大切です。

小さな体で手術をしたり薬を飲んだりがんの治療を行うことはとても大変だと思います。だからこそ、大切なのが免疫力です。

がんや抗がん剤の副作用に負けない、強い体を手に入れるためには免疫力を向上する必要があります。免疫力があるからこそ、人は健康的に生きることができるんです。

最近は、小児がんの免疫療法も注目を集めています。免疫療法を行うことで、副作用も少なく安全にがんの治療を進めることができます。

薬ほどの高い効果や即効性はありませんが、小さな体にできるだけ負担をかけたくない場合に免疫療法を選択するのでしょう。

もちろん、免疫療法ではなくても日々免疫力を高めることは大切です。小児がんの人も、小児がんでなくても、日々免疫を意識してがんの再発予防やあらゆる病気の予防改善を心がけましょう。

りんごを食べようとする女性

免疫力を高める食事療法とは?免疫の60%以上が腸内に存在する事実!

身体の中で異変が起きようとしている場合、健康を守るために戦ってくれるのが免疫です……続きを読む