腹痛の男性

膀胱がんとは、尿路上皮にガン細胞が発生した状態を指します。腎盂・尿管がんも尿路上皮のガンという事で、比較的に2つは類似した症状を生じます。

そこで膀胱がんは大きく、

  • 筋層非浸潤性がん(表在性がんおよび上皮内がん)
  • 筋層浸潤性がん
  • 転移性のがん

これら3種類に分ける事ができますが、これは画像診断やTURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を行う事で確定診断されるのが一般的です。

筋層非浸潤性がんとは、ガン細胞が膀胱の筋肉層までは浸潤していない状態を言います。これには表在性がんと上皮内がんもここに含まれます。

このガン組織は一見するとカリフラワーやイソギンチャクの様な形態をしていて、表面が粒粒上に隆起し、膀胱の内腔へと突出してできます。

これを乳頭状がんと呼ぶ事もあり、多くは進行性の弱いガン細胞とされています。治療方法はTURBTが一般的で、ただし膀胱内に再発しやすい傾向がある為に、再発予防は重要なポイントとなります。

一方上皮内がんは膀胱の内腔には出ずに、粘膜がガン細胞化する特徴があります。

また筋層浸潤性がんとは、膀胱の筋肉層にまでガンが進んだ状態を示します。この場合は膀胱壁を貫いてガン細胞が進行したり、壁外の脂肪組織やリンパ節、場合によっては肺や骨に転移をするケースもあります。

そしてもう一つ転移性がんの場合は、原発巣の膀胱がんが血液などを通して他臓器に転移する状態を指します。

一般的に膀胱がんから転移しやすい器官には、リンパ節・骨・肺・肝臓を上げる事ができます。

膀胱がんの発症率は、年齢調整罹患(りかん)率が7.2%で、男性12.8%・女性2.8%になっています。(参照:国立がん研究センター「膀胱がん」)

つまり男性は女性よりも4倍程膀胱がんの発症率が高いという事です。

また年齢調整死亡率が2.1%で、男性が3.6%・女性が1%と死亡率でも男性が高いです。

がんの統計15」によると、2015年の膀胱がんによる年間死亡数は男性約5,600人に対して、女性は約2,500人と半分以下です。

この様に膀胱がんは男性の方が気を付けるべき病気だという事が分ります。

その免疫力に世界が注目米ぬか多糖体(RBS)の実績はこちら

当サイト推奨の免疫力サプリメント

JFN公認サプリメント
アドバイザーが認めた免疫力サプリはこちら

※JNFは日本ニュートリション協会のことです。

症状について!初期症状はあるの?

トイレ

膀胱がんの症状として、最も分かり易いのが血尿です。その色は鮮やかな赤色からちょっと茶色がかった尿が出てきます。

また頻繁にトイレに行きたくなる頻尿や残尿感を抱く事もありますし、排尿する時に痛みが走る点では膀胱炎とも類似していると言えます。

そこで膀胱がんは進行がゆっくりとしているために、先に挙げた症状が見られる様になる頃には、既にかなり進行しているケースも珍しくはありません。

具体的には初期症状を過ぎて筋層浸潤性がんや転移性がんまで進んでいるケースがあるのです。

そこで膀胱炎の場合は自覚症状の知覚をもって検査に入るというのでは手当が遅くなりがちで、定期健診等で早めのチェックを掛ける事が重要となります。

検査と診断

検査

膀胱がんの疑いがある場合に、一般的に行われているのが膀胱鏡検査と尿細胞診断です。これによって筋層非浸潤性がんか筋層浸潤性がんの判断をします。

膀胱鏡検査は内視鏡を尿道から挿入して膀胱内を目視によって発見し、その大きさや形、状態を診断するものです。

そして尿細胞診検査は、尿にガン細胞が混入していないかをチェックする検査で、陰性・疑陽性・陽性の3段階で評価します。

そして偽陽性・陽性の場合は、膀胱がんか上部尿路がん(腎盂・尿管がん)を疑い、さらに超音波(エコー)検査やCTスキャンによる検査といった精密検査へ進めるのがセオリーです。

膀胱がんの場合は筋層非浸潤性がんのケースでの転移や局所浸潤はまれである為、全身転移を前提とした検査は行われないのが一般的です。

しかし筋層浸潤性がんとなれば、遠隔転移を想定した全身CT検査や骨シンチグラフィを採用します。

もちろん尿路上皮に覆われている腎盂(じんう)・尿管への転移も疑った検査になりますから、マルチスライスCT urography(CT尿路造影)や静脈性腎盂造影(DIPやIVP)が行われる場合もあります。

そして膀胱がんの所在を確定するために、TURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)の結果だけでなく、MRI検査もケースバイケースで行われます。

膀胱がんの病期(ステージ)と生存率(余命)

グラフを描く医者

膀胱がんの病期(ステージ)に関しては、ガン組織の大きさや所属リンパ節・他の臓器への転移の有無でステージ分けがされています。

具体的には3つの条件をベースにします。

膀胱壁内への深達度、これを「T staging」といってTa~T4まで、浸潤のある・なしと、浸潤ある場合はどこまで進んでいるかでステージ分けをします。

またリンパ節転移の有無の評価(N staging)と、遠隔転移の有無の評価(M staging)をそれぞれ検査結果で分別します。

このTNM分類は、2002年からがん治療の重要なデータとして採用されていて、どの医師が見ても的確に病期の判断が可能になっています。

ただし、検査結果が必ずしも正確でない場合がありますから、実際に手術をした場合に情報が一致しないケースもあります。

もちろん治療の進行に応じて、絶えず微調整を施していきますので、少々のズレが生じたとしても大きな問題にはならないのが一般的です。

またステージ分けをする事で、実際の臨床結果のデータ化も利便性を高める事ができています。その一つとして、ステージごとの生存率や余命計算の目安にも利用されています。

膀胱がんの場合、ステージⅠでは9割以上の生存率となっていて、がんの進行が進むにつれて生存率が低下していきます。

そしてステージⅣになると20%を下回るデータが出ています。

ステージ0(0期)と生存率(余命)

ステージ0(0期)では、膀胱がんのガン細胞が局所でのみ進行中で、原発腫瘍の評価が不可能か原発腫瘍なしの状態です。

ただしステージTaでは乳頭状非浸潤がんを確認、ステージTisでは上皮内がんの確認レベルになります。なお生存率ではほぼ100%とされます。

ステージⅠ(Ⅰ期)と生存率(余命)

ステージⅠ(Ⅰ期)では膀胱がんが粘膜上皮下結合織に浸潤する状態になります。つまり膀胱内壁の表面に食い込むレベルの進行具合という事です。

ちなみにTaからT1までのステージは筋層非浸潤がん(表在がん)と呼んで、まだ浸潤を始めてはいない段階です。

そして5年相対生存率は86.5%と、このステージでの死亡率はかなり低いです。

ステージⅡ(Ⅱ期)と生存率(余命)

ステージⅡは筋層に浸潤するがんで、浅筋層に浸潤したT2aと、深筋層に浸潤したT2bに更に分類されています。

つまりステージⅡは膀胱壁の外側近くまで進行した状態になります。そして5年相対生存率は72.7%、3割近い症例で死亡が確認されます。

ステージⅢ(Ⅲ期)と生存率(余命)

ステージⅢになると、膀胱がんは膀胱周囲組織に浸潤するレベルに達します。つまり膀胱の周りに付いている脂肪組織への浸潤が見られる様になります。

T3aはまだ顕微鏡で確認する状態で、T3bは肉眼で分かる腫瘤です。5年相対生存率は55.4%と、やや高い生存率になります。

ステージⅣ(Ⅳ期)と生存率(余命)

ステージⅣは浸潤する腫瘍とされ、前立腺間質や精嚢や子宮や膣や骨盤壁や腹壁などへの転移の可能性があります。

またこのステージから小骨盤腔内や総腸骨動脈のリンパ節への転移も確認されます。5年相対生存率は急激に下がって17.0%となります。

ステージ別の症状と生存率一覧

ステージ 症状の状態 5年生存率
0(0期) ほぼ100%
Ⅰ(Ⅰ期) 880 約86.5%
Ⅱ(Ⅱ期) 330 約72.7%
Ⅲ(Ⅲ期) 262 約55.4%
Ⅳ(Ⅳ期) 174 約17.0%
全症例 1,737 約71.3%
ステージ別の5年生存率は「全がん協和盟施設の生存率協同調査」を参考に算出。

治療法

バインダーにメモをとる医者

膀胱がんの治療法としては、他のガン治療と同様に外科手術が第一優先に選択がされます。

この外科的な治療には2種類あって、1つは内視鏡を使ってガン細胞の摘出をするTURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)で、もう1つは下腹部切開による膀胱全摘除術です。

TURBTは膀胱内壁の表在性がんの摘出に優れていますが、再発のリスクが高いケースでは予防的に膀胱内注入療法が採用される事もあります。

一方膀胱全摘除術は、男性では前立腺と精嚢や尿道も摘出することがあります。女性の場合は子宮と腟壁、そして尿道を摘出するのがセオリーです。

ただし膀胱全摘はダメージの大きな方法で、時として命の危険もあります。

また手術に耐えられない程進行している場合は、抗がん剤や放射線での治療を行い、ガン腫瘍を縮小させます。

膀胱がんではGC療法(ゲムシタビン+シスプラチンのセット)が主流で、ガン腫瘍を小さくする効果に優れています。

ただし副作用として、激しい頭痛や吐き気、食欲不振・貧血に白血球減少や血小板減少など大きな健康被害を伴います。

そして最近注目されているサイトカイン等による免疫細胞治療があります。

一例としては本人の免疫細胞を取りだし、十分に活性化させて免疫細胞の量も増やしてから体内に戻し、それでガン細胞を駆逐する方法などがあります。

この免疫法は自然治癒能力を向上させる治療法ですので、副作用もなく安全で確実な根本治療へと繋がります。

  • 手術(外科療法)
  • 抗がん剤治療
  • 免疫細胞治療
  • 放射線療法
  • 陽子線治療
  • 重粒子線治療

ここでは上記6つの治療法を解説していきます。

1.手術(外科療法)

膀胱がんの手術(外科的治療)には2つの方法が採られます。一つは内視鏡を見ながらガン腫瘍を摘出するTURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)で、診断もかねて施術されます。

ガン組織が筋層非浸潤性の場合はこの方法でガン細胞を完全に切除する事も可能です。ただし表在性がんは再発率が高いので、予防的措置として膀胱内注入療法も併用される事があります。

これは抗がん剤注入療法とBCG(ウシ型弱毒結核菌)注入療法があって、局部的にガン細胞の縮小が可能ですが、副作用には要注意とされています。

また膀胱全摘除術+尿路変向術もよく採用される術式です。文字通り膀胱を全部切除してしまう事で、ガン細胞をまるまる取り去るのが狙いです。

男性では前立腺と精嚢(せいのう)を摘出し、女性では子宮と腟壁、尿道を切除するのがセオリーです。

2.抗がん剤(化学療法)

膀胱がんにおける化学療法として、内服や点滴による抗がん剤治療があります。この場合は体全身に抗がん剤が回るために、転移したガン細胞も縮小させられるというメリットがあります。

しかし薬剤の量が多くなりますし、正常な細胞が不要なダメージを受けてしまうデメリットを被ります。

近年では先進国での抗がん剤治療はかなり制限をされていて、副作用の大きさの割には効果が低いとの意見が主流です。

また膀胱内に直接抗がん剤を注入する膀胱内注入療法もありますが、こちらは他の臓器への影響が軽減されるメリットがあるとは言え、副作用が大きく減少する訳ではないので使用の際は十分に検討をする必要があります。

膀胱がんで利用される抗がん剤はGC療法(ゲムシタビン+シスプラチンのセット)といって、従来のM-VAC療法より2種類抗がん剤を減らした混合薬が使用されます。

これで若干副作用が軽減されますが、効き目が弱い場合はM-VAC療法に変更される事もあります。ちなみに副作用には、吐き気や頭痛、食欲不振に口内炎や貧血が見られます。

また重い症状としては白血球減少・血小板減少も生じますのでリスクが大きい事を理解しておきましょう。

3.免疫細胞療法

ガン治療で現在最も注目されているのが免疫治療です。医療機関ではインターフェロンを注入するサイトカイン免疫方法や活性化リンパ球療法によって、個々の免疫機能を向上させる免疫細胞療法が採られています。

この膀胱がんの治療でも免疫細胞治療が効果的で、ベスト・サポーティブ・ケア(BSC)として良い治療効果を発揮しています。

例えば活性化リンパ球療法では、体内のリンパ球を一旦体外に取り出して、十分に増量させ活性化させた状態で体内に戻す方法が採られています。これによって免疫力が各段に向上し、ガン細胞の駆逐から再発予防に有効とされています。

またオプジーボといって、免疫細胞を点滴で投与する方法もあります。これによって切除の難しいガンや末期ガンの治療に効果を発揮しています。

それから免疫向上のサプリを長期服用する事でもガン予防や再発防止に効果が得られます。基本は新陳代謝を落さずに自己治癒力を固める事で、ガンに負けない体造りがポイントです。

【専門家推奨】話題の免疫系サプリに注目!

・世界が注目する実績をもつ米ぬか多糖体サプリ”マイブランズはこちらをクリック

・免疫は腸内環境から!話題の乳酸菌サプリ“乳酸菌革命はこちらをクリック”

4.放射線療法

放射線治療の適応となるのは、

  • 膀胱の摘出を望まない方
  • 高齢者で手術に耐えられない方
  • 膀胱摘出や化学療法が困難・危険だと医師が判断した方

ガン細胞の成長を抑制する目的で放射線治療が採用されます。

また放射線治療を施す事で、進行した膀胱がんからの出血を軽減する事も可能で、そういった目的でも採用される術式です。

具体的には深達度がT3a以下で腫瘍経3cm以下であればガン腫瘍を抑え込んで、膀胱自体の温存も可能にします。

最近では、浸潤性膀胱がんであっても、膀胱を温存できる可能性のある一部の患者さんに対して、抗がん剤の治療、放射線療法、手術を組み合わせた膀胱温存療法(低用量化学放射線療法併用膀胱部分切除)にも取り組んでおります。

この様にがん治療における放射線療法はガン組織の縮小化がメインで、これによって完治するケースはほぼありません。

また副作用が強く出る為に、選択をする患者さん側にも十分な検討が必要でしょう。日常的に倦怠感や吐き気・頭痛といった症状に悩まされますし、脱毛やうつ病、そして白血球の異常も起こります。

5.陽子線治療

最新の放射線治療として、陽子線治療が注目を集めています。それは照射ポイントをガン細胞に集中するピンポイント照射が可能だからです。

従来のX線照射では放射線の多くが肌表面で吸収されてしまうために、肝心のガン細胞まで十分な放射線量を送る事が難しかったのです。

これは他の正常な細胞をいたずらに放射線で破壊していたという事で、治療という免罪符を誤用して健康な組織や器官を破壊してきたのは事実でしょう。

しかし陽子線治療はブラックピークといって、体内の深いところにあるガン細胞を的確に捉えて放射能照射をするとされています。

つまりガン細胞だけに放射線を浴びせて、周辺の正常な細胞組織へのダメージを大きく軽減させるシステムと言います。

それで照射出力が小さく済む事、照射時間も1日15~30分程度と短くなるために、死の苦しみを生じさせていた副作用からも解放されるとされています。

6.重粒子線治療

粒子線治療には陽子線治療と重粒子治療があり、この2つの放射線治療法は最新技術による健康被害の少ない治療法として高い評価を受けています。

むろん膀胱がんの治療にも有効で、膀胱を温存したままでガン細胞を治療する事ができると注目を集めています。

この重粒子線治療は、従来のX線照射とはまるで違い効果を発揮します。その特徴としてブラックピークがあります。

X線の場合は体の表面部で放射線が吸収されてしまうために、体内のガン細胞を焼きつくすためには相当量の放射線被曝を覚悟しなければなりませんでした。

これが放射線治療の恐ろしいところで、脱毛や白血病は放射線治療にセットの副作用とされています。

ですが重粒子線を始めとする粒子線治療では、肌や筋肉を素通りしてダイレクトに患部へ照射する能力があるので、被曝率が大幅に軽減されるとされています。

つまりこれまでの様な激しい副作用で苦しむ事がない事が最大のメリットです。ただし出力が縮小されていても、放射線被曝がなくなる訳ではありません。

この点は個々の判断が大事になってきます。

再発防止は?食事療法で免疫力を上げて予防する!

近年、世界的に注目されている免疫療法がガン治療を大きく変えつつあります。もちろん膀胱がんでもその点は変わりません。

別名「生物学療法」とも呼ばれています。

生物学的療法は、患者さん自身のがんと闘う免疫機構を活発にする治療法です。自らの体内でつくられる物質や実験室で作成された物質を用い、患者さん自身のがんに対するもともとの抵抗力を高め、方向づけしたり、回復させたりします。このタイプのがん療法は生物学的療法または免疫療法とも呼ばれています。

本来体内には何十個ものガン細胞が日々生まれているとされています。ですが、免疫細胞がそれらを適切に除去しているのは事実です。

つまり健康体であれば免疫機能が活性化して、取りこぼしの無い形で発生したガン細胞を片端から駆除してくれるのです。

ではなぜ戦後日本で、ガンによる死亡率が急騰したのでしょうか。それは生活習慣の悪化があります。まず糖質まみれの食習慣です。

しかも化学合成の危険な添加物を大量に食べさせられているために、基礎代謝が低下し、ホルモン分泌が減少、免疫機能も弱まってきた経緯があります。

また慢性疲労やストレスの蓄積、そして睡眠不足による体力の回復力の悪化もあります。これらが総じて、免疫細胞がガンに対抗できないレベルにまで弱まっているのが現状でしょう。

つまり食事内容を見直す事から始めましょう。アルギニンやBCAA系のアミノ酸を十分に摂取し、活性酸素を分解するポリフェノールも適切に取る様にします。

もちろんミネラル・ビタミンにも気を付けた食習慣をキープすれば、かなり免疫機能が回復します。そこで食事で栄養バランスが取り難くければ、サプリを毎日服用する事も有効です。

マイブランズゴールドプラス

【マイブランズゴールドプラス】専門家が免疫成分と口コミ徹底検証!

東京大学や名古屋大学などをはじめとして、マクマスター大学など世界の28施……続きを読む

こうしてガン症状の改善・再発予防にも自らの免疫力が有効に働きます。医療機関の免疫細胞療法も有効ですし、個々が体質改善を行なって免疫力を高める事が最善でしょう。

まとめ

未来

膀胱がんでも、やはり治療のメインは摘出手術とサポート役の抗がん剤治療・放射線治療となっています。

これらは保険適用治療であり、ガン保険でも推奨されている治療法である為に、多くの方が迷わず医師の指示通り選択しているのが現状です。

しかしこれまでにも述べた通り、現行のがん治療は壮絶な闘病生活を余儀なくし、かつ生還率が決して高くはありません。

何故アメリカやヨーロッパなどの先進国では手術・抗がん剤・放射線の3大治療を抑制する流れにあるのか、この点をしっかりと考えてみる必要があるかもしれません。

そこで医療機関でのがん治療をしっかりと理解し、成功率の高い方法を選択する事がポイントになります。チェックすべきは免疫細胞療法を始めとする自己治癒力の見直しでしょう。

それは個々が日頃の生活習慣を見直す事でも効果が得られます。また免疫力の回復に必要な栄養素をサプリや漢方などから摂取する事も有効です。

長期服用で体質改善が徐々に促進され、ガン細胞の成長を許さない体力・抵抗力を養う事も可能です。

とは言っても、体力も免疫力もすっかりと低下している方の場合は健康管理だけでは十分でないかもしれません。

その場合は医療機関でがん検査をしつつ、必要に応じて安全性の高い治療を受け、そして毎日のケアとして生活習慣の改善に努める事をおすすめします。

健康

病気やがん再発を予防する!免疫力を高める方法【徹底解説】

健康的な生活を送るうえで欠かせないのが免疫力を高めることです。免疫力とは、疫病を……続きを読む