がんは、一般的に、恐るべきスピードで分裂・増殖を繰り返して病巣を広げていきます。そのため、がんをしっかりと治療するには、できるだけ早い段階で治療をスタートさせなければなりません。

治療は、その進行具合によって方針が大きく変わってくるので、進行具合をできるだけ正確に知ることが非常に大事になってくるのです。

がんは、初期がん、早期がん、進行がん、末期がんという4つに分類することができます。それぞれが、どのような状態であるか自覚症状にはどのようなものがあるのか、そして、どんな治療を行うのかといったことを知ることが大切です。

当サイト推奨の免疫力サプリメント

JFN公認サプリメント
アドバイザーが認めた免疫力サプリはこちら

※JNFは日本ニュートリション協会のことです。

初期・早期・進行・末期とステージとの違い

がんのレベルといえばステージという名称がよく知られていますが、これは臓器や進行具合を総合的にみて判断する分類法です。一方、がんは以下の4つに分類することもできます。

  • 初期がん
  • 早期がん
  • 進行がん
  • 末期がん

ステージとの違いは、後者は病巣の進行レベルにより分類しているという点です。初期がんは、ステージでいうところの0期に相当し、早期がんはⅠ~Ⅱ期、進行がんはⅡ期~Ⅳ期、末期がんはⅣ期に相当します。

ステージによる分類は、ステージ0からステージIVまでの5段階で判定され、もっとも進行しているのはステージIVということになります。

この分類を実施するに当たっては、TNM分類と呼ばれる方法が使われます。TNM分類とは、がんの広がり(T)とリンパ節への転移の有無(N)、他の臓器への転移(M)、という3つ項目から成り立っています。(参照:国立がん研究センター「がん対策情報センター」)

ステージが判定されると治療方針が決まるということから、どのステージと判定されるかは非常に大きな意味を持っていることになります。

がんの進行と症状

病気に侵される人

がんは、その進行状態によって、初期がん・早期がん・進行がん・末期がんの4つに分類されます。

がんが発見されたら、この4つのどこに分類されるかを判定します。がんの種類によっても異なりますが、がんの多くは、表面のごく浅い部分から増殖し始め、次第に奥深くへと病巣を広げていきます。

初期段階ではほとんど自覚症状がない場合も珍しくありませんが、進行が進むにつれて症状は次第に重くなり、末期のがんとなると大幅に体重が減少したりと見た目にも大きな変化を伴うのががんの特徴ともいえます。

進行すればするほどに完治は困難となるので、がんは少しでも早い内に発見して治療をスタートすることがポイントとなります。

初期がん

初期がんは、早期がん、進行がん、末期がんと合計4つある内の1期目で、ステージでいえば0期に相当する時期です。

ただし、ステージ0がない種類のがんもあります。初期がんは微小がんと呼ばれることもあり、たいていの場合は早期に治療を開始すれば完全に治すことができるといわれています。

がん細胞は健康な人でも毎日数千個が生まれているといわれ、1個が2個になり、2個が4個、そして8個と驚くべきパワーで分裂・増殖していくことが特徴です。

初期がんの次が早期がんですが、この段階に至るまでには約30回の分裂を取り返しており、期間にしてみれば10~20年は経過していると考えられています。

初期のがんとなると、数ミリ程度の大きさのものが上皮組織(臓器などの表面、消火器でいえば粘膜)のみにできており、リンパ節に転移はしていず、自覚できる不快な症状はほとんどありません。

そのため、自分で異変を感じて医療機関に行くことはあまり考えられず、人間ドックやがん検診で見つかるのが一般的です。

しかし、X線やCT検査を受けても見逃されてしまうことも珍しくはありません。この段階を超えると次第に筋肉層へと広がっていくことになります。

数ミリ程度とはいえ悪性腫瘍ができているわけですが、この段階であればもともと持っている免疫力によりがんが消滅する可能性もあります。また、がんは自滅することも多く、この段階であれば自滅の可能性もあります。

初期がんの治療は、手術による切除が一般的です。がんというと、再発や転移が大きな問題となるので、完全に取り除いてしまうことが確実な治療といえます。

がんが小さければ小さいほど完全に取り除くことが可能なので、できるだけ早い段階で見つけることが大切です。

また、がんを取り除くのに内視鏡(カメラ)を使うこともありますが、病後の回復など、体への負担を軽くする手術法といえます。

ただし、がんの種類によって、また、リンパ節に転移している場合などには内視鏡が使えないこともあります。

早期がん

腫瘍が筋肉層にまで広がった場合は早期がんに区別され、ステージでいうとⅠ~Ⅱ期に当たります。

この段階になると、がんの大きさは数ミリ~2センチぐらいまで成長しているので、自分でしこりを発見できることもあります。また、風邪のような症状が出たり出血するといった場合もあるでしょう。

しかし、病巣は一つのみで、湿潤や転移は認められません。人によっては全く何の症状が出ないこともありますし、検査を受けても見逃されてしまうこともあります。

とはいえ、できるだけ早い段階で発見して治療を開始するには、この段階までに見つけることが望ましいといえます。

この段階を越してしまうと転移や浸潤が増え、進行がん、そして末期がんと進んでいってしまい、進行すればするほどに治療は難しくなってしまいます。

早期がんの段階では、初期がんとともに手術をして病巣を完全に切除してしまうことがもっとも確実にがんを治す方法です。

病巣が小さく転移もしていなければ、きれいに取り除くことができるものです。また、初期がん同様に内視鏡での手術が可能な場合は、大きな負担をかけることなく治療が行え、病後の回復もスムーズにいきます。

進行がん

早期がんを通り越すと進行がんといわれる段階に入り、ステージでいうとⅡ期~Ⅳ期に当たります。がんは周囲組織への湿潤や転移が見られるようになり、多くの場合は、さまざまな不快な症状が現れるようになります。

強い痛みをはじめ、食欲不振や倦怠感、発熱を生じることも多くなるでしょう。

胃がんや大腸がんとなると、血便などの異常がみられることもあるので、自分でも日ごろからチェックしておきたいものです。

進行がんの段階になると、がんは上皮組織から筋肉層へと進行していき、周辺に湿潤や転移もしやすくなります。

治療は、切除が可能であれば優先的に行われますが、病巣の広がり具合によっては切除し切れないことも多くなります。

取り残した可能性がある場合は、術後補助療法として放射線療法や化学療法が行われることがあります。また、術前化学療法として、切除手術を行う前に、化学療法によりがんを縮小させることもあります。

がんの種類や状態によって治療法は多岐にわたることが特徴ですが、基本的には可能な限りがんを切除して完治を目指します。

末期がん

末期がんとは、ステージでいうところのⅣ期に当たる段階で、根治の可能性は限りなくゼロに近いため、治すというよりも延命治療がメインとなります。

がんは他の部位に次々と転移しており、体重は減少していき明らかに体が衰弱していきます。貧血や呼吸困難といった症状がみられることも多くあり、免疫力が大幅にダウンすることから、感染症となるリスクも高まります。

この段階となると、ほとんど体中にがんが転移しているといっても過言ではありません。がんの治療は終わって、化学療法(抗がん剤治療)が行われたり、緩和医療に切り替えられていくことになります。

抗がん剤は血液を介して全身に届けられるので、体中に転移したがんにも一定の効果が期待でき、延命が可能となります。

転移が多ければ、一部のがんを切除しても生存期間を延ばすことはできないので、基本的に末期がんになると手術は行われません。

ただし、すべての病巣が安全に切除できると判断されると、手術が行われることもあります。

しかし、抗がん剤も、一時的にがんを小さくさせたり進行をストップさせることは可能ですが、がんを完治させることは難しいといえます。

とはいえ、部分的にがんを消失させることも不可能ではなく、縮小させることによって手術で切除できるようになることもあります。

また、状態によって抗がん剤の効果がほとんど期待できないと判断されると、緩和医療がメインとなる場合もあります。

緩和医療では、生活の質を保って少しでも自分らしい時間を持つことができるよう、モルヒネなどの鎮痛剤や酸素療法が行われます。

早期がんと進行がんの違い

早期がんと進行がんとでは、がんの浸潤度合が違います。早期がんは、ステージでいうとⅠ期・Ⅱ期に当たり、消化管であれば、がんは内側表面の粘膜にとどまっている状態を指しています。

がんの種類によっても違いがありますが、たいていは早期がんの状態までに発見して治療をスタートできると完治の見込みがあると考えられています。

そして、さらに深い位置にまでがんが進行していくと進行がんと呼ばれるようになります。前述の消化管でいえば、粘膜を通り越して下にある筋肉層にまでがんが浸潤している状態です。

しかし、早期がんであれば必ず助かるということもなく、進行がんであれば助かるのはかなり難しいというわけではありません。

がんは他の部位に転移しているか否かも重大な問題となります。この点では、早期がんで転移している可能性は低いものの、リンパ節に転移していることもあります。

また、胃がんを例に挙げると、筋肉層にまで浸潤した進行がんでも、転移がないのであれば手術できれいに切除して完治を目指すこともできます。

しかし、筋肉層よりも下部に位置する漿膜(しょうまく)と呼ばれる組織にまで浸潤していた場合には、他の臓器に転移する遠隔転移の可能性も出てきます。

一般的に、何らかの自覚症状が出てくるのは、進行がんにまで進んでからといわれています。また、検査で発見できるのはだいたい1センチ程度以上であり、早期がんの大きさは数ミリ~2センチ程度です。

発見された時には、既に進行がんのまでなっていることは珍しくありません。

奇跡!?末期がんのステージⅣ(4)からの生還!

手のツボ押し

末期がんというと、一般的には体中にがんが転移し、まさに手の施しようもない状態を指しています。できることといえば、痛みを極力抑えて生活の質を少しでも高めることしかないのが現状です。

しかし、そんな末期がんから生還したという人は決して少なくはありません。

奇跡としかいいようのない事態ですが、よろこびや幸福を感じると、人は自分自身の体を治癒するパワーが出てくるのだといいます。

健康な人でも強い疲労を感じた時がありますが、そんな時にも脳から放出されるホルモンによって自分を癒すことができます。それが、末期がんという深刻な状況におかれた人にも起きうるというのです。

体を治癒するパワーは、脳の細胞から出たホルモンが血液に入り、全身を駆け巡ることによるものです。

私達の体にはもともと免疫システムが備わっており、自分とは異なるもの、つまり、がん細胞を発見すると攻撃をしかけていきます。

よろこびや幸福を感じることで出てくるパワーは、この免疫システムを活性化させてがん細胞を除去することができるのです。

笑うと病気が治るといわれることがありますが、これも笑うことで免疫システムが活発になることが原因です。また、人とのつながりや、体と体がふれあうことも、治癒を促す要素になるのだといいます。

カリフォルニア大学のがん研究家、ターナー氏によれば、一人きりで治療を受けた人と周囲からのサポートを得て治療を受けた人とでは、生存率に大きな差が出ていると発表しています。

そして、ターナー氏も末期がんのステージⅣから生還を果たした女性を目の当たりにしています。

その女性は、末期の子宮頸がんと診断された60代で、これ以上は打つ手なしという状態で退院した後、夫の献身的な看病により生還したのです。

夫のしたことは、とにかくそばに寄り添って彼女が辛い時には抱きしめたことなのだといいます。また、友人や家族を呼んで、病気が少しでも良くなるようにと祈ってもらったのだといいます。

そして5年の歳月が流れ、ついに末期と診断されたがんは消失してしまったのです。ターナー氏によれば、がんに打ち勝つ最終的な決め手となるのは精神力、つまり、免疫力なのだといいます。

世界ga注目する「米ぬか多糖体(RBS)」~がん予防効果が高く免疫力を高める~

……続きを読む

初期・早期がんを発見するなら検診が大切!

医師とパソコン

がんを根治させるためには、とにかく早い段階で発見することが必要です。長いことがんは治らない病気だと考えられてきましたが、医学の進歩によって根治も可能な病気となったのです。

そして、それには、初期・早期がんの段階で発見することが望まれています。しかし、初期がんとなれば大きさはわずか数ミリ程度、早期がんで数ミリ~2センチ程度です。

いずれの段階でも数ミリ程度の場合は自分で発見することは難しく、早期がんに分類される状態でも自覚症状がまったくないという人もいます。

このような場合、定期的な検診を必ず受けておくことが大切となってきます。もちろん、検診で発見するには1センチ程度の大きさになっていることが必要で、それでも見逃されてしまう可能性もあります。

しかし、1年に1回程度、定期的に検診を受けることで早期の発見につなげることができるのは確かです。

何らかの自覚症状が出てから医療機関を受診したのでは、かなり進行していることも珍しくはないでしょう。

また、早期に治療をスタートできれば、患者さんの負担も少なくなります。回復の見込みも高く入院日数も短くなり、その分、費用の負担も少なくなるのが一般的です。

治療費

がんになると治療費が莫大にかかる?それってホント?

将来的には2人に一人ががんになると言われている時代です。もし「がんです」と申告さ……続きを読む

そして、その後の生存率も高いのは言うまでもありません。

まとめ

勉強中

がんは、一昔前であれば絶対に治ることのない病気といわれていました。それが今では、医療の進歩とともに治療法が見つかり、がんと診断されても完治させて元通りの生活を送ることができるようになっている人がたくさんいます。

もはや、がんは治すことのできる病気の一つといって良いのです。

しかし、できるだけ早い段階でがんを発見し、適切な治療をスタートさせることなしには、確実な治療は見込めません。この場合の早い段階とは、初期がんや早期がんに分類されるレベルのがんです。

初期がんや早期がんのレベルでは、自分でしこりに気付いて発見することも何らかの不快な症状が出ることもあまり多くはありません。

何か異変に気付いてから医療機関を受診したのでは、進行がんのレベルに至っていることが少なくないのです。是非、年に一度はがん検診に行き、がんの早期発見に努めましょう。

また、会社勤めをしているサラリーマンであれば、強制的に検診を受けることになりますが、ここで問題になってくるのは、家庭の主婦や個人事業主の方などです。

このような場合、つい忙しさにまぎれて機会を逃してしまうというケースもありますが、自発的に検診に行く必要があります。

落ち込む女性

自宅で簡単『がん検査キット』おすすめランキング【徹底比較】

がん検査キットとは、郵送でがんの検査を受けられる大変便利なシステムです。検査道具……続きを読む